痛快小説家、上山惣一 [痛快、ロマン、官能]

アクセスカウンタ

zoom RSS 喜淫小説壱百弾≪ 祖獣の覚醒・・38 ≫

<<   作成日時 : 2018/07/06 02:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「何でも構や〜せん、周りが良くなり幸せならそんでええじゃろう」
圭子さんのその一言で雅満は大きく頷いてしまった。
 七月十二日、三度目の訪問、可愛い好美ちゃんと大暴れし、
苦も無く相手は疲れて寝てしまう。
「うふっ、あんたは真女扱いが上手いけ〜、娘なんぞ、幼稚園に迎え
に行くとお兄ちゃんはと聞くんよ」「嬉しい・・」「妬ける・・」
雅美は家で三度目、今まで二度抱かれるともう何もかもが虹色に
見える程、人生最高な時期、其れは雅満により引き起こされた、
思えば最初・・、母が泣き叫ぶのを魅せられ、自分ならどうなるのか、
思いつつ、知らぬ間に雅満に抱かれていた。
普通じゃ考えられないが、母の女の最高な姿見たら、興奮が収まらず
悶々とする中、男の腕に抱かれ頭を仰け反らせてしまう。
そうなると拒むところかどうなるかが知りたい一心しがみ付いた。
 以後、なにが何だか判らず仕舞、気が付けば大泣き噛まして体が
震える中、雅美の股座にはでかい物がはめ込まれ、少しでも中で
動くもんなら身震いし応じる、自分の体を制し出来ず、腰を迎えて
いがり叫ぶだけ、こんな事は無かった。
そこそこセックスは好きだが、此れじゃ異常と思えるほど、貪欲に腰
が迎え続けた。
でも最初は其処だけは判るがその先が皆目判らない、其れほど相手
に蹂躙され続け、しかも息つく暇もない、とんでもない喜悦の嵐、
雅美は芯から酔わされ、わが身の痙攣を知りながら気が遠くなって
往った。
 気が付けば横で母が涎かまして相手に縋りついて震えている。
男と目が合うと、もう雅美は又も強靭な男の腕の中、しこたま相手の
腰が動くと雅美も迎え入れる、いやはやとんでもない男だった。
 二度も雅満は母と娘に精子を奪われる、其れが何とも言えない
ほどの快感、最初は娘の雅美に、二度目は我慢できずに母の体内、
其れほど親子で迎えてくれる。
 「く〜凄いぞ・・」「もうその言葉千倍にして返すけ〜な〜雅美・・」
「万倍よ、とんでもなかった、死ぬかと・・」「女冥利に尽きるな・・」
「いえる、離婚してよかった・・」そういわれた。
「な、所で相談だが・・」汗が滲む三人の体、その間に横たえる雅満
から、耳を疑う話をも親子は聞かされ始めた。
 「うぎゃ〜、何々あんた・・」「最後まで聞いて・・」
母も、娘も身を起こし寝ているままの雅満の話を聞く事に為った。
 「ま〜じゃ、あんた、その方」「そうだ、話した通りとんでもない家、
其処に縁で入り込んでしまったんだ、此処に車で広島の手前の
谷は聞いた通り、今は大変な騒ぎ・・」
「其処あんたがそうしんさったんだろうがね」
「そうなるが、僕だけじゃ高々自分の一億使えるだけ、でもあの家
はそんな金額じゃない、莫大な資産が、其れで僕は谷の人を思う
と色んな事が浮かんで来た」長々と雅満の話を知らぬ間に親子は
正座して聞かれる。
 「では何か此処をあんたは・・」「そう、此処は夢が在る、
此処の畑も親戚の田畑も敷地で使えば何でも出来る、コンビニも
喫茶店も居酒屋もそれに付随する総てが此処じゃ出来る」
「・・、・・」親子は言葉を失うほど驚いておられた。
 「お母ちゃん・・」「うん、まてや、あんた、そうなるとあんたと
わしらは・・」「このままじゃいけんか・・」
「ええ〜じゃ、二股かね」「三股じゃろう・・」「ひや〜・・」
雅美が後ろにひっくり返り呆れた顔を見せる。
「なんと、地獄行きじゃがね」「雅美はそんでも地獄に向かう」
「え、お前・・」「だって、夢が在る、此処は何にもないところ、
其れが、トラックや車の人も・・遊園地だって出来る」
「え〜良いぞ遊園地か・・」「其処は後々考えようよ」
「雅美ちゃん・・」「あんたのゆうままに動く、何でも言いつけて、
お母ちゃんは・・」「阿保、わしが逆らえるかこんな最高な気持ち
を持ってきてくれた男じゃろうがね・・」「いえるが」
「良いよ、此処は何とかまとめちゃる、だから契約しよう」「契約・・」
「そうこの親子の肉にな、あんたのでかいハンコおしんさいや」
「参りました、望むところです」
雅満もとんでもない男だが、此処の親子もとんでもなかった。
 朝方、雅満は凄まじい戦場から癒される可愛い娘の横で大鼾、
本当に疲れ果てていた。
 七月二十二日、雅満の車は大きいからそれで別府に向かう。
車内では好美ちゃんが大騒ぎ、後ろの座席は多恵と雅美と正雄と
圭子、助手席は好美ちゃんと奥様、其の取り合わせで賑やかだ。
昔とは違い、道は整備されているし快適、外は焼け付く程の暑さ、
車内と手違う意味でそんな感じだった。
 四時間余りで目的地、疲れた体を温泉で癒し、二部屋に分けられ
るが、其処は最初は雅満と多恵、雅美、好美、もう一つは自ずから、
東広島の家族に為る。
 夕食は一つの部屋、喜ぶ好美が今は主役、だが正雄は落ち着け
ない、其れも既にこの別府に来るまでの車の中、其処で圭子さんが
色々と画策するから正雄は気が気じゃ無い、知らずに横の雅美の
手を握らされ、汗ばむ掌が密着するから、気が動転しまくる。
その所為か、夕食でも席がそうなる。
両方に妻と雅美が陣取り、其れが知らぬ間に食事をしていると、
なんと弥生が席を移動し、その一席に多恵が座り、
好美も其処に居た。
 次第に酒が回り、正雄は真っ赤な顔、圭子がそそるように酒を
進めるから、正雄は飲んでしまう。
「あんた、飲み過ぎ・・」「おう・・、とんでもなく心地良いがね、
飲むわさ・・」「うふっ、介抱を弥生はようせんけ〜」
「良いがして貰わんでも寝るだけじゃ・・」
そんな会話を夫婦でする。
 しかし圭子の目論と弥生の思いは着実にその方向に向かっている。
「ま〜倒れたが・・」「寝かせや、わしら飲むぞ、ま〜好美ちゃんもかね」
見ると正雄の横で寝る好美。
「此処は任せたぞ」「圭子さん・・」「あんたらの事は聞いているが、
頼んだぞ、此れからの事も有ろうが、良いね、性根を入れてかかりん
さいや」「圭子さん・・」「あんたらに任せるが、この旅行は意味がある、
判るよね・・」「はい、良いんですかいのう」「良いから来ている」
圭子の言葉に大きく頷くと、弥生が何とその親子と手を握り頼むね
と言われる。
その行動は、親子を本当に地獄に向かわせる合図に似てそれで親子
は腹を括ったのだ。
 部屋から圭子と雅満と弥生、其れに寝ている好美を雅満が抱いて
部屋を出てしまう。
 「ふ〜、出来そうじゃが・・」「あの親子なら間違いなく仕上げます」
「あんた・・」「奥さん、良いのですね」
「良いからこうして来ている、圭子さんが居るし・・」
「任せんさいやあんたら、家族風呂に行きんさい、貸切りが後五分、
用意は・・」「要るの何か・・」「阿保じゃね、覚悟の事じゃろうが・・」
「其処は既にさせられている・・」「ご馳走様じゃ、じゃわしは奥の部屋
で好美と寝る」弥生と雅満は家族風呂に向かう。
 遂に同時進行、片方は部屋、雅満らは家族風呂、本当に考えられ
ない組み合わせだが、其処は総て雅満の所為、風呂場では早くも
弥生が素晴らしい姿態を雅満に惜しげもなく魅せ付け、
男の興奮を絶頂に導いて行く。
 もう片方はと言えば、なんと親子で正雄を裸にして、二人は暖かい
タオルで体を丁寧に噴き上げている。
其れには流石に正雄も目が覚めた。
 「え・・、ええ・・、あんたら・・」「御免なさいよ、わしらが勝負に
負けて、旦那様を介抱する事に為った」「え、勝負って・・」
そこから作り話だが、正雄は信じている。
「なんと、じゃ雅満君と多恵さんがじゃんけんか、其れで負けて脱が
されんさったと・・」「ええ〜もう、負けるとは思わんけ〜、多恵は
勝負強いが、あの人が上手じゃったが・・」「え、で此れか・・」
「そう、介抱と面倒を見んさいと奥様が・・」「弥生が・・」
「頼むといんさるし、わしら困ると・・、でも勝負じゃと、旦那様は
こんな機会は二度とないじゃろう、お願いと圭子さんまでが・・」
「なんと・・、でもあ・あ気持ちが良いけ〜、其処拙かろうが、
く〜多恵さん、其処は勘弁、ああ〜雅美ちゃんまでも・・、
なんとく〜溜まらんが」「楽しんでくれんさい、旅の空じゃろうがね」
「そうだが、あいつら・・」「もう酔いんさって寝んさった・・」
「何処で・・」「わしらの部屋で、此処は旦那様だけじゃ・・」
「・・、・・」話を聞いている中でも娘の雅美の手は最高に
心地良い動き、正雄もこんな事に為ろうとは努々思ってなかった。
 あの谷でセックスをしている建前、言われるままに温泉に同行
しているだけ、其れが今は如何、最高、親子で体を拭いてくれる中、
このまま此の侭と正雄の心は五月雨、遂に母親の浴衣を開ける
正雄、その胸を引き寄せるともう男だ、止められない、
止める気は更々無くなって行く。

                      つづく・・・・。

















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
喜淫小説壱百弾≪ 祖獣の覚醒・・38 ≫ 痛快小説家、上山惣一 [痛快、ロマン、官能]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる