喜淫小説壱百弾≪ 祖獣の覚醒・・終節 ≫

 その夜は本当に蒸し暑く、二人の会話は途絶え、挙句に冴美は
言葉が少なくなっていた。
 寝る、一言言って雅満専用の部屋に入る。
此処も僅かだが、人生を刻む大事な場所となったと、感慨深げに
見回す。ベットに入るも寝付かれない、車で戻っているから寝れる
と思えたが現実はそうじゃない。ますます目が冴え渡り、
部屋の中を見詰めていた。
 だが、其れも束の間、何時しか深い眠りの中に嵌り込んで行く。
 「うん・・」何か気配を感じて、雅満は目を開けた、
だがそれがどうなっているのかも判らない、時間を費やして漸く
此処は羽曳野の家だとだが未だ有った。
なんと雅満は裸にさせられているのだ其処は驚いた、直ぐに半身
起こして何が何かと見た.。
 「・・、ええ~さ・え・み、何々裸じゃないか、なんとおい、
ああ~こら~辞めろ阿呆、止めんさいや・・」
驚く筈互いが素っ裸、其れにも驚いたが、しがみついて来る冴美
には驚愕させられた。
 「お兄ちゃん、何度も考えたけど、此れしか無い」
「此れしかとは、おい、話が先だ、何でこんな事、男と女だぞ、
よせ話を聞くがなな、冴美~」「お兄ちゃんのままでえいやんか、
でも其れでも駄目ならこうするしかないと・・」
「え・・、意味が・・」「確りと聞いててよ」「ああ・・」
「じゃ此れから話すね・・」今度は寝床で冴美が話を始めた。
話の中身が真信じられない、冴美は考えた挙句と言いながら
最後は大好きな兄だと断言する。
 「冴美・・」「だからね、兄弟が駄目なら、お兄ちゃんと結婚
したらいいや」「うげ~何々・・」
「だからこのまま続けようよ、もう冴美はお兄ちゃんなしじゃ嫌やし」
「お前・・」「最初はね、血が繋がるから其処は無理と何度も
言い聞かせたやん、でも、メ-ルが来る度お兄ちゃんが脳裏に
浮かんで来るの其れで、戻るとあの話でしょうが、もう冴美は先が
真っ暗、其れで、今まで考えてたの、そうすると簡単、このまま
続けるには結婚よ、そうなると誰も文句はないやんか、其れに
決めた、無論、お兄ちゃんの女渡は承諾する」「承諾・・」
「其処は別口、句切る」「くぎるって、じゃ何か冴美と僕は・・」
「関係はこのままよ、抱いてくれなくてもいい、でも夫婦とする」
「お前・・」「だって、こうでもしないとややこしいやんか、今更
血が繋がってないなど、卑怯」「卑怯だと・・」
「そうやんか、お兄ちゃんと引き離されるなんて考えても居ない、
だから続行・・」「冴美・・」
「ねね、今まで以上に二人は繋がろう、里もあの谷も完成までは
頑張ってお金はそのまま使えばいいやんか、足りないなら冴美
の分有るし、今ね半分ほど増えて居るよ」
「え、半分って、二億有るだろうが・・」「その半分増えた」
「なんと・・、まじか冴美凄いぞ、如何したんだ・・」
「今ね、中国じゃ無くて、ベトナム・・」「それが・・」
「其処に入り込む日本の会社」「そんで・・」「それが増資・・」
「あ・・、そこか・・」「何とか調べ尽くして有るかなと命中よ」
「く~遣るじゃん、無理するなよ」「其処は言いつけなん・・」
「え・・」「そうなら、本気で聞く・・」「お前・・」
「ねね、だから名目上は夫婦、いいや現実もれっきとした夫婦、
あんた・・」「あんた・・」「お兄ちゃんの方が良い・・」
「おいおい・・」「此れからもそう呼ぶし」「おいおい・・」
 大胆で頭が切れる冴美、決断も雅満を遥かに超えていた。
しかも見事過ぎる体つきは、今まで抱いて来た女性には居ない、
強いて言うならあの東広島の奥様と其処の娘、真咲さん、どれも
甲乙つけがたい美しい体だった。
「ねね、田舎でするほど強くなくてもいいから、此れから時々冴美
を抱いてね」「おい、正気か・・」「正気だからこうなる結論じゃ
ないね、今までの事を水に流すほど愚かじゃ在りませんよだ、
冴美はお兄ちゃんが大好きになっていたの」「・・、・・」
そこまで言われれば、もう雅満と手血が繋がらないほうが良い
何度なと何度も思ってきている建前、この展開は有りと思えた。
 「もう一度聞くが、其れは本当か・・」「本当よ、だって傍に
居たいやんか、其れが答えなの・・」「じゃ抱くぞ」
「嫌だ、夫婦でしょうが、その言葉要らないと思うけど」
「冴美・・」「なあに・・」「綺麗だ・・」
「馬鹿ね、抱いて味わいなさい、但し、初物じゃないよ」
「うん・・」「良いわ、抱いて楽しんで、冴美受けるし、セックス
余り上手くないけど良いよね」「良いとも、均す・・」
「ま~じゃじゃ、記念に・・」そこから抱き付いて震える雅美、
夢にしか浮かんでこなかった美体、其れが現実に雅満に
縋りついて震えているのだ。
 流石にこの展開だけは読めて居ない、本当に最高の結末だと、
吠えたい衝動を抑え、その分冴美を確りと抱き締める。
相手は気が許せる相棒、そうなると心底雅満は冴美を抱いて
みようと決めた。
此れが本当なら、正しく正夢、其処から二人が歩く道はたとえ
茨でもなんのその、出来ると思えた。
 一時間半の長丁場、漸く相手がくたばり、ベットから落ちたまま
其処で震え飛び跳ねる美しい肉体、生涯忘れないだろうと思える
程感動する。
 受け切った冴美は如何か、其処は言わずと知れた奥境地、
極上過ぎる男の愛撫から最後まで体は慄き乍ら受けてくれた。
持ち主の冴美は何度も泣きじゃくり、お兄ちゃん~と叫んでは
飛び切らされ、其れが凄いのなんのって、今まで三人の男に
抱かれた身が嘘のようにはじけ飛ぶ、信じられない境地に
凄まじい喜悦に連れられて飛びきった。
最高最高と心で叫び、口じゃお兄ちゃんと変化する叫び、
冴美はこれで良い、いいやこのほうが途轍もなく良いと自分の
心と体がそう答えを出してくれていた。
 漸く我に返れた冴美、床で横たわりながらわが身を擦り、
良かったねと囁いている。
「冴美・・」「なあに・・」「良いのか・・」
「え、もう怒るし、今更何よ良いに決まっているじゃん、お兄ちゃん
は流で抱いたん」「ううん、ほんき・・」
「じゃ、それでいいじゃん、流は大事だけど流されてへんから良い」
「そうか・・」「そんでね、もう一度抱いてや・・」
「もう一度だけか・・」「え、もう意地悪やな冴美はお兄ちゃん
次第よ、なんぼでもかまへん、でも子供が欲しいから其処は良い
でしょう。出来たら誰も文句は言わせない跡取り」「うひゃ~」
「何よ、逃げるん」「ううん、何時でも付いて歩きたい」
「反対や、冴美が従う」「じゃ、お互い前と後ろに居ろうか」
「お兄ちゃん最高よ、早く抱いて・・」「ええ~・・」
強欲な女性は此処にも健在、呆れるが雅満は床に向かい突進。

 思えばこんな事も何もかもが、あの弁護士が現れてからの事、
しかもとんでもない話に、驚愕しつつ、有るのかと疑うが、
有って欲しいと願う我が心、当時は最低な生活、其処で妹が居る
事と、遺産が有る事、そうしてそれからが、今この姿、有り得ない、
嘘だろうと思いつつ夢で合って欲しくないと願う。
それが事実今こうして冴美と抱き合う雅満、そこにはあの今は血
が繋がらないと知るが、産まれた里でのおお婆ちゃんが、
こうして愛しい孫に雅満を宛がわれたのかとも思える、
いいやそう思いたいのが本音。
い 床で未だ余韻の喜びの呻きと声、雅満の手が体を擦ると跳ね
返り、一段と悶える姿、此れはあの余韻の仕業だともうと、
此れこそ、正しく冴美の為に旅で発掘した、極上の女性の境地、
其れを初回で相手は会得、いいや得られていた。
(最高、お婆ちゃん、感謝です、この子を何時までも大事にして
いきますね)心からそう思った。
 これから里とあの谷も、此れなら続けられる、擦る相手が未だ
悶える中で、本当にこれでよかったと初めて雅満は嬉しかった。
この事は早くあの谷の房子さんと、東広島の圭子さんには
知らせようと思う。
流で色んな人に出会えた、生まれた里は未だ何もしていない、
其処を何とかするのが雅満の今後に影響すると考える。
 何もかも、もう一度リセットし直して、谷や里の事を本格的に
考えようと心に決めた。
そうなると、横で居る冴美が愛おしくなり、一段と激しい愛撫を
敢行、受ける冴美が又も泣きじゃくる声が家の中をあわただしく
駆け回って行く・・。

           終わり・・・・。













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック