痛快小説家、上山惣一 [痛快、ロマン、官能]

アクセスカウンタ

zoom RSS 喜淫小説101弾≪ 弧獣一路・・10 ≫

<<   作成日時 : 2018/08/10 02:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 秋が深まる頃、翔馬は大学とホストのアルバイトも何とか慣れる。
だが、店での事は以前とは大違いに為っている。
優さんから引継いだお客様、その中で何かあの加奈子さんと美代さん
だけは態度が一変、あの別荘からそうみたい其れに気が付くのが遅い、
其れだけ翔馬は疎いのかこんな仕事に慣れない所為かもしれない。
その分、他のお客様からは絶大な支持が生まれて行く、其れは猿と
呼ばれる所為か,傅く翔馬を下僕扱いされる。
其れでも其れで良いと翔馬はその姿は崩さなかった。
マネ−ジャ−に時々そこまでしなくても良いぞと言われるが、
猿ですからと聞かなかった。
アルバイトだと自分に言い聞かせる中、その姿は益々酷く為り出す。
 そんな有る日、十一月の半ば頃、店に来た加奈子と美代が、
マネ−ジャ−を呼びつけて何か怒っておられた。
其処も気が付かないふりで翔馬は別のお客の席に居る。
 三十分後、マネ−ジャ−に呼ばれて事務所、
「な〜美猿、お客様からクレ−ムが出たぞ」「ええ・・」
「それがな、君の姿が可愛そうで見て居れないと言われる」
「あ、加奈子さんと美代さんでしょうか・・」「そうだ」
「でも、僕は今の姿が気が楽です」「エ・・」
「だってアルバイトだし、此処で成績なぞ考えていない、他の仲間
からも済まんと言われてます其れで良いと思えるんですが・・」
「君・・、其処まで・・」「僕は人並みには接客は出来ない、
話題も乏しいです」「・・、・・」
其れを聞いていたマネ−ジャ−は黙っていた。
「フロア−に戻って良いでしょうか・・」「・・、あ良いよ、頑張って」
事務所を出た翔馬は何事も無かったように今までの姿に為っている。
 だがその日以降、皆の姿が様変わりする。
翔馬に対してフロアボ−イじゃないと言い出す。
其れはマネ−ジャ−から言われたのかは知らないが、扱いが豹変、
従いお客様の席に長く座る姿が見えだす。
翔馬がみんなと同じ位置に立てた瞬間だった。
 以後、何処の席でも其れは変わらない、意外と話すと面白い翔馬、
何処の席からも美猿との指名が煩雑に増えて来る。
その席ではわざと田舎の言葉を丸出し、大阪でも石見弁は面白い
響き、座は其れだけで賑うのだ。
 そんなある日、加奈子さんが店に来られ、翔馬が座る。
「此れ渡す様に美代に言われたの・・」手を握られる中に
たたまれた紙が翔馬の手に残る。
黙って受け取るとメモを読まずに、「判りました」とだけ告げる。
その席を立つ姿に加奈子は不思議な気持ちに為れた。
 「あの子、中身も確かめずに・・」そこが本当に気に為った。
店の営業時間は決まりは無いが、お客様が引けるまでは営業可能、
朝五時過ぎまでも普通だった。
用事が在れば店を早く出る事も可能、其れだけ終業時間は緩い。
トイレでメモを確かめた後、一時間後、午前三時に翔馬は店を出る。
北新地も自ずからそんな時間も賑わっているが、ほとんどの店は
午後零時には終える。
だがその後は別の職種が賑わうのだ、其の賑わう一つの店の暖簾
をくぐる。
名が通る寿司屋の暖簾だった。
「名前を告げると奥の座敷に案内され其処に美代さんが居られる。
「え、加奈子さんは・・」「ま〜、美代だけじゃ拙いの・・」
「・・、とんでもない、其処は・・」慌てて謝る。
 美味しい寿司をたらふく頂く、こんな店ではプライべ−トじゃとても
入る事は出来ない、たらふくなんて食べられないほど値段が高価、
でも最近は其処を気にしないで食べられた。
 午前四時、店を出る、美代さんが大通りに出るとタクシ−を止めて
翔馬とともに乗られた。
「森ノ宮駅傍」一言告げられ翔馬は黙って乗っていた。
 車は環状線の森ノ宮駅前で止まり、二人は降りる。
「・・、・・」何も言わずに無言で従い付いて歩いた。
、 「えっ・・」五分も歩かないうちに瀟洒な高層マンションの玄関
を入られた。
まだ日が上がらない内だが警備員が居られる、セキュリテイが
確りしたマンション、其のエレべ−タに二人は乗り込む。
二十五階も有ろうかと思える、二十三階のボタンを押される。
でもまだ何も翔馬はしゃべってはいない、廊下に出ると先を歩か
れる美代さんに付いて行く。
 「・・、・・」南側に面する237号室のドアにカギを差し込まれた。
「どうぞ・・」「・・、・・」驚く翔馬にそう告げられる。
「・・、なんと、物凄いが、何でこの部屋何方の部屋ですか・・」
「美代の持ち物よ、随分と前に友達から頼まれて買った」
「え、では美代さんの持ち物ですか・・」「そうなる」
 とんでもない部屋だった、テレビでよく見るが、本当にあるんだと
驚く部屋、広いし、設備も何もかも唖然とするほど豪華、シックリ
とした部屋だし、整う家具も立派だった。
「此れあんたに使わせるね」「・・、ええ〜嘘でしょう」
「嘘じゃない、八戸ノ里じゃ始発まで待つんでしょう、寒くなるし無理」
「でも・・」「嫌なの此処・・」「とんでもない、僕には似つかわしく
ない」「じゃ似つかわしく成れば良いじゃない」「美代さん・・」
「加奈子に相談したの、良いと喜んでいるし、誰も使っていないから
勿体ないでしょう」「家賃は・・」「要らない」
「それじゃ断ります、家賃が要らないなど普通じゃないです」
「そうなの、じゃ家賃分何かしてくれない、其れなら良いじゃない」
「え・・、何をすれば適うんですか・・」「そうね、珠にに美代や
加奈子と珠にデ−トする事じゃ駄目」「ええ〜そんな、其れで借りれる
んですか・・」「そうなる」「・・、・・」言葉が出ないほど驚いた。
 美しいリビングのソファ−に座ると、翔馬は色々と美代さんや
加奈子さんの事を聞いて行く。
今までは仕事上、其処は聞けない、言われると聞いているが、
加奈子さんと美代さんは今まで何も聞かされていなかった。
そうしないと部屋は借りれないと思えたし、この際自分の事も
話したいと思えたからだった。
 「え〜では美代さんは近鉄の山本駅傍なんですか・・」
「そうなるよね、以前は私が生まれる前までは農家なのよ、其れが
好景気と生活の変化で周りは住宅地、内はブドウ栽培していた
けど、今は其処は住宅とマンション、様変わりしたと聞いている」
「では加奈子さんも山本なんですか・・」
「あの子はその奥よ、同じ路線の桜井と言う場所、其処も遅まき
ながら今は大変な住宅地に変化してる、其処で代々材木問屋、
其れが加奈子の里、でも何で友達かと思うでしょう」
「其処なんです、教えて下さい」
「それはね、女学校なの、沿線でね女子学校が在る、中学から
同じクラス、大学を終えるまで一緒だった」
「なんとではその女子学校からですね」
「そう、大の仲良し、今まで色々な事をして来たし、私の離婚も
協力してくれたの・・」「え、では加奈子さんは今は・・」
「独身、三十過ぎたと笑っている」
其処から今度は翔馬の事を色々と話した。
 「ま〜じゃ、其処で、本当なの其のお話し、母の妹さん・・」
「そうなります、此れからお付き合い出来るなら総て知っててもらい
たいし、ろくな道を歩んで来ていない、今じゃ身寄りなどないが、
母の妹や親せきは有ります」「・・、・・」
とんでもない事を聞いた美代は絶句する。
 「ねね、じゃじゃ、里で鍛えた事他の人はご存じなの・・」
「いいえ、知らないです、言えないし言いたくもない、でもこんな事
まで気にして頂く人は別、此れからいろいろな事でお世話に為る
人には最初に伝えて置かないと、獣みたいな僕です」「ま〜・・」
「だから、このお話は僕の事を聞いた後で決めて下さいね、無論
加奈子さんにも伝えて良いです、そんな獣の僕でも良いと思われる
なら僕は嬉しいけど、其処は願望かな」遂にそこまで告白する。
 聞かされた美代は驚愕、話が本当ならどんな物に出来上がって
いるのかが知りたいが、其処は聞けないでいた。

              つづく・・・・。

























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
喜淫小説101弾≪ 弧獣一路・・10 ≫ 痛快小説家、上山惣一 [痛快、ロマン、官能]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる