喜淫小説101弾≪ 弧獣一路・・15 ≫

 十ケ月従い慕って来た加奈子さん、其れが今翔馬の体に寄り添い
息絶え絶えの姿、本当に夢のような時だった。
おまけにこの家の義母の姿も堪え難い肉体、二つの姿態は比べても
甲乙付け難い、本当に素晴らしい肉体を今凌駕をした翔馬、
此れから如何なるのかは定かじゃないが、其処はこの家の婆様が
仕切られると聞いた。
尚更加奈子さんが愛おしく思える翔馬は、又も朝が来て外が明るくなる
頃だが、性懲りもなく加奈子の汗塗れの肉体に跨る。
其れほど際限がないくらい最高な肉を浴びる翔馬は、今までの恩返し
とばかり気を入れるから受ける加奈子も一溜りも無かった。
ましてや横に倒れる由美子は四十過ぎでも中々の肉体、其れも翔馬が
襲うから忘れていた、嫌初めて善がらされる相手にしがみ付くだけ、
其れが延々と続くからもう気が狂い手繰り、加奈子に負けまいと
踏ん張るが、到底かなう相手では無い、強かに善がらされると気絶、
其処は行きたくてもおいそれとは覗けない世界、其れがこの青年で
いとも簡単に昇らせてくれた。本当に驚愕するほど強靭で技が凄い。
 日が明けると、居間では婆様と二人きり。
「お前は化け物じゃね」「婆様、相手が悪いですよ、最高な人だから」
「あはっ、ゆうがね、良いだろう」「凄過ぎます」
「其処は向こうもそう言ううよ」笑われる。
「正月如何する、帰るんかね」「如何しようかと・・」
「帰れば良いじゃないかね、叔母に報告しろや」「え、そうですよね」
「ああ~其処まで鍛えられた成果が在るじゃろう」「婆様・・」
「戻ればすぐに電話しろ、番号交換じゃぞ」またも笑われる。
そうしてその夜も泊る事に為った。
 「え・・じゃマ~駄目かね」「よう考えろや、このまま翔馬と抱き合うなら
そのほうが良いぞ、加奈子が婿を迎えると其処で終わりに為ろうがね」
「ええ~、続ければ良いがね、其処は何とでもする」
「阿保じゃ、お前の番が無くなるぞ」「何で~・・」
「阿保じゃね、財産は既に半分はあんたのもんだがそれ以上求めるな」
「・・、・・」「良いか、此処はあくまでも岩井家の財産だぞ、
此処で加奈子が妊娠でもしたら如何なる」「え・・」
「そうだろうが、あんな凄いもん迎えればたちまち出来るがね、お前も
然りじゃぞ」「其処は考える」「そうは行かん、加奈子の子は跡取りじゃ、
良いか其処は弁えんさいや、嫌なら戻れや、金は渡すが」
「ばあちゃん、無体よ」「じゃ如何すれば良い・・」
「良いわ、従兄弟に話して此処を諦めさせる」「出来るんか・・」
「するしかないわ、加奈子に良い人が居たと言えば済む事よ」
「おう、其れが良いぞ、じゃ出来るな」
「するしかないでしょうがね、もう翔馬君を逃がしたくないし・・」
「其処は二番手だぞ」「理解している、二番手でも三番手でも出来るわ、
凄いから持たないし」「呆れる」「自分でも信じられへんのよ」
そう由美子は言う。
 「加奈子如何じゃね」「うん、婆ちゃんに従う」
「出来たな、じゃ、由美子里帰りして話してくれんか、一千万なら払う」
「判った、任せて、翔馬部屋に連れてってよ」
婆様がウインクされて、翔馬は由美子を抱いて部屋にと向かった。
 「加奈子・・」「上出来じゃない、加奈子も総て意見に従うし」
「産もうかね」「良いの」「あの血が我が家に来れば大万歳じゃ」
奥の部屋からけたたましい雄たけびが聞こえだす。
其れを聞いた二人は首をすくめて苦笑いした。
無論一人で敵わずに直ぐに悲鳴染みた叫びで加奈子~と呼ばれる。
 クリスマスイブ、家に美代が呼ばれて来ていた。
既に加奈子から聞いて来ている身、総て承知で参戦、凄まじい威力
をまともに迎えた美代はとんでもない悲鳴で寸絶、本当にイチコロ。
其れが次第に由美子と加奈子の受ける姿に負けまいと奮戦、
其れが効いたのか異様に美代は体を反らせて迎え撃つ、
其れが最高なのか直ぐに飛ばされるが、気を戻し縋りついて何度も
翔馬の攻撃を受け続ける。
其のけなげな姿に加奈子も感動、由美子も然り、美しい姿態が弄り
泣く様は女が見てても驚嘆。
美代は一度で翔馬に肉体の喜びを教え込まれて行く。
 岩井家のイブは喧騒の最中、婆一人が勝手で泣くほど喜んでいる。
この家はこれで先が見えたぞとほくそ笑む顔に、蛍光灯の明かりが
指して涙が光るのを魅せる。
 イブどころの騒ぎじゃない家の中、地獄と天国を行き来させられる
三体の物凄い姿態は汗で光る夜光虫の如く今が春だと知らせる
シグナルに似て、朝が来るまで虫の光で仄かに四人が蠢く姿を
とらえていた。
 十二月二十五日、昼過に由美子は家を出て里帰り、大変な使命を
帯びているが、そんな緊張感は垣間見れない姿、婆が笑いながら
送り出す。
「翔馬も里に戻れ、正月は其処で過ごして、また来てくれないかね」
「婆様・・」「戻ればいいこと請け合いじゃ、任せよ」笑われる。
なんと其れに従う翔馬、加奈子も美代もそれが良いと送り出される。
 こうして色々有った年の暮れ、翔馬は里にと戻った。
年の暮れ、歓迎されるが、今は其処には父親の姿は無い、
一年半前に亡くなっているからだった。
母が泣き付いてよう戻ったと、叔母も駆けつけてくれて同じ姿、
此処は翔馬が育った地でもあるし、叔母に育てられたと言っても
過言じゃない、其れほど今の翔馬にはかけがえのない二人なのだ。
 色々と聞かれるが母だけには総て総ては話さない、其処は叔母が
確りと代わりに聞いて来る。
話す相手は叔母、其処で年末の話をすると、よう其処まで我慢
できたと誉められる。
 正月三が日は忙しい、家には人は呼べなかったが、
仲間が離してはくれなかった。
同級生でも里に戻るのが少ないと早々にぼやかれるが、
其処は戻りたくても帰れない事情があるというが、里に居る人は
認めてはくれない、其れほど悔しいのか忘れていると嘆かれた。
 正月二日、昼過ぎに電話が来た。
「うん、おう~美咲か懐かしいぞ、え良いけど脚が無いが、そうか
運転するんだ、良いぞ迎えにきんさいや」
懐かしい声だが、美咲だけは別格、翔馬の初恋と思える人だった。
今年は雪も少ない、軽が庭に滑込むと母に挨拶を終えた美咲と
車に乗り込んだ。

             つづく・・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック