喜淫小説101弾≪ 弧獣一路・・4 ≫

 夏休みに入ると、翔馬の日課は納屋の二階での勉強。
家の母と父も感心するほどそれは変わらなかった。
無論、其処は叔母の存在が大きい、四日毎に夜中に忍び込んで
来てくれた。
必ず翔馬が好きな食べ物や果物持参、序に翔馬のアソコに刺激
を与える役目もしてくれている。
 「今夜は如何するかね・・」「叔母さん、お願いがある」
「なあに・・」「股で扱いても良い」「股、妙子のか・・」
「うん・・」「なんとお前・・、良いだろう裸に為ろうね、
お前はそうか其れでも良い、良いしてみんさい」そう言う。
 だがだがそれは翔馬にとってとんでもない程の興奮を受けた。
三十の肉体は最高、翔馬は跨り腰を動かせて、叔母の股座を
こすり手繰る。
其れが豪快で物凄い刺激を妙子は浴び続けた、しかも時々
危険区域にと棒が来るから、慌てて鬼頭をさけねばならない、
其れが苦痛いっそまともにと思えるが其処だけは決断出来ない、
叔母と従兄弟の関係は嫌な鎖だと思え出す。
でも其れでも快感は半端ない、柔腿に擦付ける棒が瘤だらけ、
とんでもない興奮を産み出して来た。
 「翔馬~お前お前~良いぞ気持ちが良いけ~翔馬~」
遂に妙子が絶叫、聞いても翔馬は動きを止めない。
でもでも其れは地獄、妙子は悲鳴を上げて股を開いた。
「お・おばさん・・」「見てよ、如何なっているん・・」
「・・、ああ~大変腿が・・」
「如何・・、ひえ~嫌だ~血が出ているがこいつのアソコが、
そうか瘤かく~強いぞ~」「御免・・」
「いんや~、良いぞ、其処は使えんな後ろに為る其処を使え」
「良いの叔母さん」「構わんけ~、尻穴~入れんさるな」
「うん、有難う」「いけるならいきんさいや、持たんがね」
「うん、勿体無いから往かん、最高な腿じゃし・・」
「お前は、コイ突いてきんさいや」遂に腹ばいで後ろに向かえる
妙子、壮絶な二人の動きは翔馬を有頂天にと導いて行く。
 果てると横たえた翔馬の体に妙子は口で棒を拭うと・・、
縋り付いて、「良い子じゃ、最高じゃがね、よう頑張ったね」
其れだけ言うと豊かな胸を翔馬の胸板に預けて重なった。
 それが夏休の間実行され続け、哀れ妙子の股座の腿は
こすられた場所が黒ずんでいた。
何度も翔馬が謝るが、此れは証拠と証明じゃと妙子は笑う。
 九月初旬、母の佳恵が高校に呼ばれて面談、其れを終えると
戻り直ぐに妙子を呼び、互いが抱き合い泣いていた。
「お前の御陰だがね」「ううん、お姉さんの方が・・」
「いんや~お前には感謝しきれないね」「え・・」
「知っていたが・・」「・・、ああ~姉さん、其れは・・」
「良いの、判っている、本当に感謝しているがね」「お姉さん」
妙子ももう何も言えなかった、日毎に威力を増す翔馬相手じゃ、
声も抑えきれずに出てしまう。
其れは聞かれているかもと覚悟していたが、姉の言葉に感激
して泣いた姉妹、今では互いに翔馬の為にと理解出来ていた。
十月刈り入れも終わり翔馬も勉強に励む。
 十月二十二日、驚愕の出来事が起きた、親父とあの叔母の
夫のおじさん達が死んだと大騒ぎ、其の事故は四人で川本に
酪農の集りが有り、親父も今は牛は手放しているが役員で
参加していた。
帰り道、断魚侠の曲道で大雨の所為で道が滑り川に落ちた。
四人のうち一人だけが大怪我だけど助かる、運転されていた
中野に住む同級生、おじさんと親父ともう一人の人が
亡くなられたのだ。
 谷では大騒ぎ、働き盛りの親父が無くなると、翔馬の人生は
様変わりする筈、覚悟を決める。
だが其処はいち早く消された、叔母とおふくろが翔馬は大学
にと言い切る。
幸い、事故は大雨の所為と思われ保険は満額降りると聞く。
 十月末まで何となく生きているだけの家族、でも其処で母が
頑張り気を取り直そうと翔馬を抱きしめて泣かれる。
それ以後、親子は前を向いて歩く、必ず叔母が傍に居るのは
当たり前だった。
 年が明けても正月らしさは皆目無い、親子で過ごすが其処
には既に父親の姿なぞ望んでも無い、辛い中でも励まされ、
叔母に言われ翔馬は大学試験にと頑張った。
 一月末、センタ-試験を受けるために翔馬は広島に出た。
付き添いに叔母が来てくれる、無論田舎から出るにはバス等
無い、叔母の運転で来た。
前日に来てホテル、其処でもおさらいをする翔馬を傍で見詰
める妙子、今まで随分と色々な事が在ったと思い出す。
如何してか夫が亡くなった事よりも、多く翔馬の事が思出され、
本当に呆れる程の瓜跡を残す子だと思えた。
子 翌日、翔馬は試験場にと妙子は近くの喫茶店で時間潰し、
周りを見ても同じような女性ばかり、ほとんどが此処で時間を
費やするのだろうと思えた。
 午後の時間も同じ、三時過ぎに翔馬の姿を見つけると駆け
寄って抱き付く。
「叔母さん・・」「如何どうどう・・」「何とかね」
「何とかじゃ判らんが、な~」「何とかよ」
「お母さんに電話しんさいや」「うん・・」
傍で妙子が寄り添う中電話する。
「如何・・」「叔母さん、心配し過ぎじゃが」
「え~お前、じゃ良かったんか・・」「僕なりにはね」
「く~、もう溜まらんが・・」またも抱き付かれた。
 ホテルに戻ると、今度は妙子が電話する。
「帰るの・・」「ううん、疲れたろうといんさって広島で美味しいもん
でも食べさせてと・・」「く~良いぞ食べる」「馬鹿ね・・」
喜ぶ翔馬を見て笑えた。
 外で美味しい物を食べた翔馬ホテルに戻ると・・、
「あ・・、お前・・ん~ん」部屋に入るなりいきなり叔母を
抱きしめ初めてキスをする。
「お前・・」「だって、言っただろう、初めての事は生涯残ると」
「そうだが・・、お前」「キスは叔母さんが始めてだ」
「えっ・・」「それだけ・・」
感激する妙子を置いて部屋のテレビをつけた。
「お前、此れで何とか大学には行けそうだね、何処に行く」
「大阪・・」「え、広島じゃないんか」
「うん、大阪、其処ならアルバイトが有りそうだし」
「ええ~・・」呆れ顔で見詰めてしまう。
「今夜は、叔母さんと二人きりじゃね」「そうなるけど・・」
「嬉しいな・・」「・・、・・」

          つづく・・・・。

























 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック