喜淫小説101弾≪ 弧獣一路・・6 ≫

 親父が亡くなり母も気落ちしたのか元気が無い、其処だけが
気がかりだが、母は翔馬の大阪行きを薦めている。
 そんな状態で早くも三月が来る、忙しい中で里を離れるとなると、
翔馬と手いささかセンチメンタル、其処に叔母の存在が有るし、
以前より気が進まない旅たちとなった。
出る数日間は妙子さんとノ抱き合いは凄まじい、二日に開けずに
互いの家を行き来し、何が何でも最初は抱合った。
この世の終わりかと思うほど妙子の驚愕の泣き叫びは、翔馬も
呆れる程、其れでも何度も飛ばされ続ける肉体は今は翔馬専属
の体、其れがまもなく終えると知る肉と心、妙子は狂い手繰って
迎え、今じゃ妙子が馬なりも見える。
 そんな二人にも決別は来る、三月初旬、親戚の子が大阪に居る
から、前より頼んでいた部屋を見つけたと知らせが来ると母と共に
翔馬は旅だった。
 大阪でも大学に近い東大阪の八戸ノ里のマンション、1DKの
狭い部屋だが駅にも近いし、其処に決める。
翌日から母と連れ立って買い物、したことが無い母との買い物も
楽しい、そんな日々も数日で終わる。
 一人に為ると、大学生活が始まる筈、其れで大阪の見物と、
調査を兼ねて近鉄電車に乗って鶴橋駅で降りると環状線に乗り
換えて探索、僅かな小遣いだから気にしながら、名物と思われる
たこ焼きやお好み焼きなどを食べて見学、それを数日熟すと流石
に疲れた。
 三月七日、大学に足を運ぶ、此れから通う学校を見学し、
其処を昼過ぎに出様と校門にと歩いて居た。
「あのう・・、経済学舎は何処でしょうか・・」
小柄な女性に聞かれる。
「あ、其れは僕が今見て来たから判ります」「え、じゃ貴方も・・」
「はい、今年からです」「ま~じゃ経済学部・・」「そうなりますが」
知らずに翔馬は様又も見て来た方角にとその女性を連れて向かう。
途中で色々と話をするが、どうもその女性は四国かと思えた。
「僕は広島の奥の田舎ですが、貴女は・・」「四国の徳島です」
「え、じゃあの金毘羅神社の・・」「方向は違うけどうそうなります、
貴方は広島ですか・・」「その奥です、島根県です」「そう」
そんな会話をして学舎の中を見回った。
 校門を出る頃日が暮れている。
「夕食はお家でですか・・」「一人ですからそうなるかな、外食は
貧乏ですから余り」「じゃ駅前で食べませんか、カレ-でも・・」
「良いですね、其れなら付合える」名前は前田美奈と聞いていた。
 二人で駅前のカレ-店に入り食べた。
其処でも色々と話をする、そうして喫茶店でコ-ヒ-を飲んで駅で
別れた、聞くと部屋は豊中と聞いたが其処がどこにあるのかも
知らない、そんな中身の会話をしたのだ。
 遂に翔馬は大学生活を始める、誰も知らない世界での出発は
大変だが其れなりにも色々と興味が涌いて来る。
そんな中で唯一知り合う女性が前田さんだ、何時も講義を聞き
ながら、隣に座ってくれている。其れが何か大学に通う中で
ワクワクする。
 「君、いい顔しているね・・」「え・・」キャンバスを歩いて居ると、
通りすがりに声を掛けられる。
「生活は楽なんか・・」「えっ、其処は苦学生ですから・・」
「そっか名前は・・」「え・・、貴方誰ですか・・」
「僕はこの大学の三年生、岩井孝光だが君は・・」
名前を名乗ると、話が止められない。
ベンチに腰を落とし、話す事になった。
 「ええ~ではアルバイト・・」「そう、でも普通じゃ時間ばかり食って
大変だぞ」「ですよね・・」話に乗らされて行く。
「僕は、毎日じゃないが、アルバイトしている」「そうなんですか」
「でな君もどうかと・・」「どんなアルバイトですか、時間給はどれ
くらいです」気に為る事を聞いてしまう。
 「ええ~じゃ、決まりが無い、でも・・」「其処だけどな、交通費
は毎日二千円支給されるぞ」「そ・それだけ・・」
「そうだ、でもよ其処で席に着けばヘルプ料として三十分二千円」
「なんと凄いですね」「でもな付けるかどうかが問題じゃ、付けない
とホ‐ルボ-イをしてでも何とか稼がないとな・・」「其処は・・」
「千円付く」「じゃ最低でも三千円に為りますね」
「そうなるが其れじゃね」「でも良いとおもいますが、僕には良い
アルバイト」「そうかじゃ明日また君に会おう、連絡先は・・」
携帯の番号を教えた。
 「ふ~アルバイトか、探して居たのに来たが・・」
そんな思いで部屋に戻った。
一番大切な問題が其処、今まで色々アルバイト先を調べていたが、
時間制限が有り、学校と会わない職種が多くて頭を抱えていたのだ。
聞いているとどうも夜の仕事、其処がどんな場所かも知らない翔馬、
三千円が頭にこびりついているから、しても良いと思えたのだ。
しかも時間が緩い、学校生活には関係が無い時間帯、其処も魅力、
其れがどこにあるのか中身もほとんど知らない事に気が付いたか。
 翌日、大学の図書室で調べ物をしていた、無論横に前田さんが
居られる、可愛い小柄な女性其れが今唯一異性の友達だった。
 午後四時過ぎ、帰ろうとしている時電話が来る、相手は昨日
会った大学の先輩、今から駅前の喫茶店に来てくれといきなり
言われ、翔馬は前田さんに理由を告げて向かう。
 まだ寒い中でも汗をかいて店に駆け込んだ。
「お~い、此処だ・・」奥のボックスから呼ばれて行く。
「紹介する、この人がマネ-ジャ-さんだ、君自己紹介・・」
言われて翔馬がすると・・、「へ~君は広島かね」
「え、はいその奥ですが」「そうか、良いぞ田舎の少年ゃんか、
岩井君此れは使えるよ、如何始めは美猿ボ-イで行こう」
「美猿ですか、意味が・・」「可愛い猿やんか、其れがお客様
には印象が残る」「なんと、其れでその名前・・」
「名前より仇名、其れが浸透すれば売れる、店も普通じゃ面白く
ない、其処で君は美猿としてデビュ-すれば良いぞ」
そう言われるが、翔馬は何で猿かと思った。
其れからマネ-じゃの話を聞いていると、其処も面白いと思え出す、
話し上手な人、店のマネ-ジャ-はかくあるべきとも思える程、
しょうさも言葉使いも長けていた。
 店は北新地に有ると聞かされるが、その場所は何処にあるのか
も判らない、笑われて益々猿が良いと大笑いされる。
見た事も無い綺麗な財布を出され、十万円翔馬に渡される。
「これで、店で衣で着る服整え、岩井君頼んだぞ」
そう言われ、先に店を出られる。
 「おい、気に要られたな・・」「なにが何だか、どんな店かも
わからないし・・」「良いから、此れから連れて行くから・・」
そう言われて、店の外でタクシ-に乗り、北新地と一言言われた
が其処がどんな場所かも知らない翔馬は、
先輩についてゆくしかないと決める。
 タクシ-を降りると、其処は御堂筋、その道並びに紳士服店が
在る、其処に最初に向かわれた。
岩井さんはテキパキとものを言いつけ、其れを翔馬に宛がい、
色々試着させられる。
 三十分、其処で居たが、何から何まで岩井さんがして頂いた。
 「おう~良いぞ、猿には勿体ないが、良いぞ」
笑われるが、翔馬にはとんでもない程の上等な背広、と言っても
夜会服、ネクタイも蝶ネクタイと普通の色合いが綺麗なネクタイ
三本、靴も下着もシャツも買われる。
 余りにも美しい背広とシャツ、靴もそうだが、今の翔馬の姿では
想像がつかないほどの違い、多くの荷物を抱え今度はその北新地
にと向かう。
岩井さんの後ろに従いながらきょろきょろする。
其れは仕方がない、とんでもない程のビルや店がひしめき合う
場所、昼間だから通りは静かだが、此れが夜に為るとと思うと、
流石に田舎者の翔馬には場違いな場所だった。

     つづく・・・・。
  

















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック