喜淫小説101弾≪ 弧獣一路・・7 ≫

 六月の初旬、翔馬の生活は一変、大学を終えると一目散に部屋
に戻り仮眠、そうして午後七時過ぎには北新地の店、麗華城、
其処に行って直ぐに店の掃除をする。
マネ-ジャ-に働く人達に面白く翔馬は紹介された御陰で今じゃ
人気者、でも席にはつかせてはくれなかった。
見習いだしマネ-じゃは皆をよく見て観察しなさいとだけ言われた。
従いあの美しい夜会服は未だ着てない、真白いシャツに蝶ネクタイ、
店は凄く繁盛している。
働く男たちはそれぞれ違う、しかも皆着ている服も頭も何から何まで
全身に気配り見事ないで立ち、男の翔馬と手見惚れる人たちだ。
其れがお客様が来られるともう其処は女性天国、八時過ぎからお客
が来られるが、其処はた皆さん普通の奥方やお嬢様、其れが深夜
零時を過ぎると店は様変わり、とんでもなく華やかで賑やかだった。
 二部構成だと聞いていたが正しくそこが其れ、深夜に為れば一層
華やかで至る席から嬌声が上がる。
その間をせわしく動き回る美猿と呼ばれる翔馬、その意味を面白
可笑しく接待する仲間たちが言うから、瞬く間に美猿と呼ばれるよう
になっていた。
本当に猿の様に席の間を駆け回る翔馬、氷や追加の酒などをもって
回っていた。
今はホ‐ルは翔馬が受け持っている、新人が入るまでは変わらない
と聞いていた。
 頑張った、一月、過ぎると漸く新しい新人が入って来たが其れも
束の間、一週間で根を上げて来なくなる。
又も振出しに戻る、其れが何と八月に一人、九月に二人は入るが
皆きつい仕事、聞いた話と違うなどと言いながら店から消えて行く。
 そんな九月初旬、マネ-ジャ-から呼ばれ、話を聞いた。
其処で店での接待やアフタ-などの事を聞かされる。
、 「良いか、此れからは君が一人で店を持つぐらいの気持ちじゃ
ないとやってられないぞ」「え・・」
「誰もが主役で来られているんだ、其処をよく考えてな、君なら
できると思える、此れからは店はお前の舞台に為る。負けるな、
どんどん思う事はしてみればいい」そう言われる。
 岩井さんから今までの話をその夜食事を一緒にすると聞かされた。
「え、では皆さんが・・」「もういい加減店で席に着かせると良い
と思うと・・」「・・、・・」
「それほど君が頑張っているからだと思える、ナンバ-ワンの優さん
が翔馬を自分のヘルプにと手を挙げられた・・」「エエ~・・」
「ソレデナ、マネ-ジャ-が独り占めは駄目だ、其れなら指名を
付けろと言われたんだ」「・・、・・」
「そうすると、全員がそれが良いと・・」
聞いて涙が出そうになる、感激をしていた。
 其れからも色々な話を聞かされる、岩井さんは年末から店を
上がると聞いた、就職で動きたいと話され、後は君が頑張れと、
お客にもそう伝えておくと聞いて益々感激した。
丸三か月の下働きは伊達じゃない、お客も働く男たちも翔馬の
姿を見て来た。
 洗練された姿もそうだが、ひたむきな姿に皆が見ている。
お披露目の初日は美猿がどの席からも呼ばれている。
其処は零時までのお客も然り、〇時過ぎのホステスからも祝い
の花やプレゼントを頂いた。
其れを見るマネ-ジャ-の顔が綻びる。
本当に翔馬の初日一色、男たちも電話で其れを伝えお客を
招いているのだ。
 深夜五時過ぎ漸く店は終わる。
マネ-ジャ-から手渡された多くの祝い袋、皆来られたお客様
から預かったと言われた。
「どうだ、苦労した甲斐が在ったな、此れからは君次第だ、出来る
限りお客様の意向を汲んで動くんだぞ、無理難題は駄目だが、
それ以外なら聞きなさい」「・・、・・」「如何した・・」
「感激で言葉も出ません」「あはっ、その気持ち忘れるな君は大学
が主だぞ、それ以外出来るだけ金を稼ぐために頑張れば良い」
そう言われる。
 部屋に戻り、祝い袋を開ける、手が震える中で見る間に翔馬の
目から涙が零れ出す。
田舎者の翔馬にとって三か月はがむしゃらに動いた、
其れが良かったのか他の働く男たちから可愛がられている。
其れは身内だけじゃ無かった、何度も席にと呼ばれていた、
加奈子さんは、祝い袋に二十万円が詰め込まれているのだ、
他も十万円、五万円と様々だが、金額じゃない、これほど翔馬を
祝って頂いた気持ちが泣けてくるのだ。
 一番はあの先輩の岩井さん、十月で上がると聞いている、
その前に何とかお礼をと考えていた。
 九月二十二日、忘れもしない日が来た。
あのナンバ-ワンの優さんから翔馬にアフタ-を頼まれている。
其れはあの加奈子さん、承諾したいが優さんの手前如何返事
すれば良いのか戸惑う。
「良いから、既にお嬢様からは聞いている、何でも従うんだぞ」
「優さん・・」「俺もその夜は別口、助けてくれ」
そう耳元で言われた。
 それが深夜じゃない昼過ぎに電話が来た、無論加奈子さん、
なんと二時から会おうと告げられる、幸い土曜日だから良いが、
直ぐに返事をする。
初めて店の外で会うお客様、しかもあの祝い金が二十万円の
女性だった。
 豪華なホテル、其の二階の名店街の中で肉を選ばれてご
一緒する。
昼間の姿は初めて見る、お嬢様と聞かされているがどんな人
かも店の席で二度同席をしただけの相手、どんな話をすれば
いいのかも見当がつかない、こんな場所で店の話など禁句と
聞かされている。
「ね、翔馬さんの田舎どんな所・・」「え・・」
本名を初めて聞いて最高に戸惑う。
「あの美猿で良いです」「駄目、外じゃいけないわ、私もお嬢様
じゃ無くて加奈子と呼んでね」言われてもそうしますとは、
そんな相手じゃ無いと聞かされていたが、昼間会うと全く別人だ。
美味しい食べた事も無い肉、自分が住む世界とかけ離れた場所
に居る事を今嫌ほど知る。
其れでも相手は区別されていない、いやそう思いたい、加奈子さん
は翔馬が食べる姿をほhの絵見ながら見られているし、
肉を受け皿に運んで頂く。
の 食事を終えるとショッピング、翔馬は付き添うがなんと買物は
総て翔馬の物、要りませんと何度も断るが聞いては頂けなかった。
ショッピングを終えると沢山の荷物や箱、其れを抱える事無く店の
店員が表まで運んでくれた。
タクシ-に乗って加奈子さんは翔馬が住むマンションに行くと
言われる、流石に其処はと丁重に断るが聞いてもらえなかった。
 「ま~八戸ノ里・・、通うのは如何しているの・・」
「電車が走るまで待ちます」「ま~何とじゃ朝五時過ぎよ」
「そうなりますが慣れました」呆れ顔で見られた。
でも翔馬は店とプライべ-トは別と考えていたが、あの仕事には
其れは多少無理があると知る。
が マンションに到着するが、其処でも加奈子さんは荷物を少し
もってエレべ-タ-に乗られた。
汚いからと何度も言ったが聞いてくれない、仕方がないから自分の
部屋にと迎える事にする。

                     つづく・・・・。






























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック