喜淫小説101弾≪ 弧獣一路・・20 ≫

 日々が過ぎて翔馬は大学四年生に為れた。
今まで本当にアルバイトと大学生を器用にこなし続け、
もうアルバイトも四年目に入る。
その間、翔馬はアルバイトで得る相手を大事にしていた。
其れは総て翔馬に証として金銭が懐に入る、しかも丸三年其れに
費やするとは、自分でも思うと信じられなかった。
其処は、奈良の桜井の加奈子さんの義母の力が甚大、
三年にわたる由美子の指導が功を奏して来ているのだ。
人から見れば有り得ない事だし、其れが世の中の道に反すること
は重々理解しているが、知らぬ間に翔馬はその道を只管歩んで
来ている。
従い、翔馬にはとんでもない程の金額が今は有る、
無論稼いだのはアルバイトで知り合う女性の人からだったが、
おぞましい程相手は狂われ続け、其れが翔馬が下僕の姿に徹し
て尽くすから、迎える相手は普通じゃない、其れほど女性を心身
とも悦楽の世界に浸れて、狂喜乱舞されていた。
 五月の連休の後、久しぶりに妙子叔母さんから電話が来た。
懐かしい声に感動するが、話される中身に唖然驚愕、
母が倒れたとの知らせだったのだ。
晴天の霹靂、考えていない事に暫し返事すらまともに出来ない。
直ぐに戻れと言われ、返事の代わり何度も頭を電話口でする、
其れほどてんぱっていたのだ。
 直ぐに桜井に電話し、無論美代さんにも知らせ、一度田舎にと
向かう事にする。
 車内でも落ち着かない、電話では倒れたとだけ知らされたが、
以前妙子さんから聞いた話では最近姉が腰が痛いといんさると
聞いているだけ、其れから一年余り経つが、その事は聞いて
いなかった。
 実家には直接戻らず、大朝の病院に車は向かう、
四時間かかって到着、直ぐに妙子さんが居られ、
廊下に出て話をされる。
 「あのな、わしもうすうすとは感じていたが、姉さん強情だから病院
にいきんさらんかった、痛み止めを飲み続けて居ると倒れた後医師
から知らされたんだけ」「で、病気は・・」「・・、・・」
「叔母さん・・」「それがのう、今朝検査結果が出てガン・・、
しかも膵臓じゃと・・」「え、ええ~嘘」
「嘘じゃない、そんでな何でこんなになるまでと怒りんさる知らんが、
そんでな、手遅れといんさる、手が付けられない場所だしのう・・」
「なんと、本当に・・」「ああ、医者すら既に手が付けられんと、
このままじゃ三月か半年・・」「まさか・・」
聞く言葉が総て嘘のように聞こえる、其れほど有り得ない知らせを
聞いていたのだ。
 母に会うが、ベットに寝ている姿には痩せこけている、本当に
聞いた事が現実なのかと思うが、姿見たら、翔馬と手信じるより
ほかは無い、其れほど母の様変わりは目を覆うほどだった。
 夕方母が起きて、翔馬を見ると笑われた。
「戻らんでも良いけ~、疲れただけじゃろうがね」
「そうだけど、久しぶりだから来た」「・・、・・」
頷いて目を閉じ三十分傍に居たがさっき眠り、翔馬は部屋を出る。
 既に姿見て医師から話を聞く間、覚悟は次第に出来て来る、
其れほど切羽詰まった母の病状、叔母と並んで聞いていたが、
泣きっぱなしの叔母を支えて廊下の長椅子に腰掛ける。
「どが~する事も出来んじゃろうか・・」「うん、聞いたろう」
「だがのう、もう悔しくて・・」サイド泣かれる始末。
肩を抱き母の妹の嗚咽を聞きながら背中を擦る翔馬。
完全看護だし、夕方病院を出た,そのまま叔母と家に戻るが
寂しい家の中、叔母と違い母な気丈夫、父が交通事故で死んだとき
も数日は気落ちしていたが、直ぐ気を取直された姿が思い浮かぶ、
翔馬にはかけがえのない母だったのだ。
 畜生にも劣る叔母との抱合いも一度は怒られたが、しょうがない
妹じゃと苦笑いされて顔をまたも思い出す。
そんな一番理解してくれていた母が、・・、其れが・・
思うと涙が溢れ出る。
 一週間滞在して一度大阪にと戻ったが、気持ちは萎えていた。
由美子さんが務めは休めと言われるが、待たれる相手の女性には
関係が無い事と思う事と反対の事を言って翔馬は待ち合わせの
場所にと向かう。
その姿を送り出す婆が、家の中に入るとしゃがんで大泣きされる、
由美子さんも泣きそうな顔で婆を支えていた。
 加奈子も山本の美代も聞いて気落ちする、翔馬を自分の体に
迎い入れた後、二人は本当に女として幸せだった、其れと誰にも
知らせていないが加奈子のお腹には既に半年を迎える子が
宿していたのだ。
婆だけが事実を知っている、由美子には知らされていなかった。
 八月の暑いお盆前、又も電話が田舎から着て、翔馬は戻った、
覚悟してきんさいと叔母からの電話は既に何おかいわん、
翔馬も今度はその積りで戻ろうと決めていたのだ。
 八月十二日、翔馬が見送る中で母の最期が来た、その時は叔母
も泣き疲れられたのか涙は見えない、夜叉顔で姉を見送る姿だけ
はハッキリと見える。
 八月十四日、あたかもお盆の真只中、母の葬式を終える、
翔馬は縁側でへたり込んで今までの事を思い浮かべた。
 喧騒の家の中は今は叔母と二人きり、言葉を交わさなくても双方
は痛い程心打ちは分かり合える、其れほどの叔母との仲だった。
 数日懸けて親戚周りを終えると翔馬は一人母が住んでいた家の
中で座っていた。
其処に叔母が来て食事をこしらえ乍ら翔馬と話をする。
「この家残すんだろう」「そうだが」「じゃ戻れるんか・・」
「其処は如何かな、葬式の時連れが田畑は任せと言ってくれた」
「其処はお父ちゃんがしんさるけ~」「其処良いの・・」
「良いも悪いも仕方が無かろうがね」「叔母さん・・」
「泣きんさいや、堪えんさらんとのう」
そう言われると知らずに涙が零れ出す。
考えがまとまらないまま、一週間で里を後にする、
翔馬は此れから如何するべきかも見えて来なかったのだ。

     つづく・・・・。
  



























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック