喜淫小説101弾≪ 弧獣一路・・31 ≫

 汗まみれな二人、此処にはシャワ-等無い、其れで湯を浴びせる
と抱えて一度浴槽の中に浸った。
有り余る乳房が半分湯から浮き出る中、其処に翔馬は挑んで行く、
される儘に早苗は仰け反り涙が零れ落ちる。
夫が早死にされる儘にから数年は誰も此処には来てくれていない、
今は如何か、凄い物を持参して来てくれているのだ。
なんで涙がと訝るが其処はスル-して、感じる乳房の吸い方に身体
を震えさせる。
その振動が湯の表面を波立たせ、外から降り注ぐ真夏の太陽が益々
二人の妖艶さを浮き出して行く。
翔馬の愛撫は半端じゃ無い、大阪で培ってきた技は炸裂、
受ける早苗は気が狂う程舞上がり、あんた~あんた~素敵だけ~
と歌うように叫んで、身を震えさせた。
 「あんた浮かせて、早苗がしたいけ~、あんたお願いよう~」
泣くほど懇願され、翔馬は腰を浮かせた。
其処に出る大物を目を見張り早苗は飛びついた。
 今度は自分から進んで尺八、奏でる音は派手ではないが其処が
何とも言えないほど翔馬の気を擽る。
波打つ湯の中で翔馬は芯から早苗の奉仕に身を委ねる。
心地良い間が何とも言えない、上手くは無いが心が入り込んでいる
のは判る。
 暫くそのままでいたが、もう限界、お互いがそう知る時、
翔馬が立ち上がり早苗を抱いて世から出ると湯が滴る体を抱えて、
土間から板間にと上がり、其処に寝かすと、今度は早苗の股座に
顔を埋めた。
其れがそれが暫く訪問者が無い股座、其処に顔が沈むと早苗は
いがり泣く、狂いようは凄味が在った。
けたたましい唸り声は部屋を突き抜けて庭前の田を通り過ぎ、
向かいの小山に突き当たると木霊で帰ってくる。
一度ではないから、もう凄過ぎた。
早苗の泣き叫びは其れかな切り声に変化、体は蠢き喜悦に耐え
かねる姿、翔馬の真骨頂の愛撫は、早苗を知らない世界にと
向かわせたのだ。
 十分愛撫された後の姿は見事、県連が激しく起こる中で翔馬の
馬鹿でかい物が股を開く早苗の其処に向かう。
 「覚悟しんさいや、僕をその気にさせた罰受けんさい・・」
「ア・ン・タ・ア・アア~」ズリリッズズンン~、地鳴りに似て
早苗の肉に減り込んで来た物がバリバリズズンと奥に奥にと
向うと受ける早苗は半身起こし目が飛んでいた。
と 突きあげられ我に戻ると口を大開きでアフアフと鯉の口さながら
に声も出せずに身が震える。
いややとんでもなく凄い、凄いとのたまう早苗、其れがいつの間にか
自分の腰がリズムを認め応じて行くのを知らされる。
 幾度となく飛ばされ、最初は其れが何かも知らずに受けていたが、
其処に向かいたいがために我が身は勝手に動き捲る。
未だに膣内で動かれると口がその都度大開、アフアフ~アアアンと
声を出しながら懸命に腰を迎えている。
翔馬も相手が凄い事を今知る、何度も飛びながらも以前より膣が
動き、そうして締め付ける、其れが快感で又欲しいから攻め立てる
快感、エンドレスのマグアイはとことん味わえる肉と思い知る。
 今まで幾人の女性とれるまじ合うが、今はそれ以外の部類と思え、
味わう肉は成長をドンドンしている、其れは男として難儀だが、
耐えれればこれが一番だと思える。
翔馬は果敢に攻め立てるが、いかんせん男からの攻撃、数えきれ
ないほど往かされた早苗、翔馬が上に来るかと聞かれると、
頷く間もなく上に跨る。
 こうなると早苗が動ける、自分で動いたことが無いが、其処は動け
ば何処に棒を誘導すれば最高な快感が得られるかを知る。
そうなると見境ない、絶叫を噛まし髪を振り乱せて仰け反る見事な
姿勢、下で翔馬が翔馬は感心するほど、奥に奥にとでかい物を
招いてくれる。
 一時間は優に超すと早苗は横に落ちて腹を大きく上下して悶絶.
(く~物凄いぞ、此れは鍛えれば半端なもんじゃない、良いぞ早苗)
転がりのたうち廻る相手、板間には汗の跡が光る中、早苗は暫く
別世界で居る。
 流石に暑い中、翔馬は横たえて荒い息使い、其処に何かが口に
来る、ビ-ルだった、美味しさに負けてゴクンゴクゴクと飲み干す。
 「ああ~酒じゃ、行けんが車・・」
「良いじゃない、夜中でも行けるしね~あんた・・」
「あはっ、負けたが」早苗が聞くともう顔が見えない、
翔馬の股座の物を口に迎えていた。
 いやいや好き物はどうしようもない事に気が付かされる、
早苗は今までこんな思いは無い、有る筈もない生活、
其れが如何してこんな良い事が無かったのかと恨みたくなる。
其れほど最高な味を教え込まれているのだ、しかも一度だけで
恍惚から先はどんなのかと早苗は思えた。
 漸く、身を起こし、翔馬は周りを見渡すが、其処は蚊帳の中だ。
横に良い寝顔で横たえる早苗を見詰めて、最高だったと心で囁く、
静かに蚊帳を出て身支度、そうして庭に出ると車に乗り込んだ。
 大朝から高速道で千代田ジャンクで中国道に入ると大阪に向う。
朝方東大阪の山本に到着、美代さんの家だった。
驚かれるが笑われて寝かしてくれる、
其れも我が子の横で添い寝出来た。
 美代は既に翔馬一人と決め込んでいる身、其れが桜井より最初
に来てくれているから嬉しさは最高、ごはんの支度を母とするが
笑顔は絶えなかった。
 其処で二泊すると、桜井にと向かい、此処は最高な場所、
加奈子さんの義母の由美子さんに今までの報告が義務、
何でも其処では話せる。
 「まあま~田舎も凄いじゃないね」
「うふっ、翔馬に懸ればそうなるんかね」「加奈子・・」
「良いじゃない、其れだけ動かれれば最高、で如何田舎・・」
そこから加奈子も加わり聞いているが、横で息子の子が翔馬の
膝上で座る姿、家庭団欒そのものの姿だった。
 「じゃ何か見つかりそうだね」「それが中々、思えても資料が
少ないし、大阪に出て資料探しで・・」
「ほう、良いわね、其れでは何とか出来そうなら由美子も行くし」
「ええ、義母さん、此処は・・」「其処は大丈夫、既に番頭さん
には話してる、今はPC時代、経営者は何処にでも出かけることが
出来るやん」「成程ね、じゃ加奈子も行く」
「勿論そうなるわね、婆やもでしょうが」
「言われんでもそうなるわな、夏休みに行こうかね」
そんな話を終えると、もうここは断末魔の悲鳴が充満する、
婆が子供を抱えて逃げる中、凄まじい営みが二晩続く。
そうしてすぐに、翔馬はあの森ノ宮の部屋にと、
其処では待たれている八人の女性と逢瀬を楽しんでいる。
 遂に二週間の務めを果たし、七月の半ばには、帰る途中の
有馬温泉で体のケアをして二日後、又も里にと向かう翔馬が居た。
 大朝のインタ-から降りて車は軽快に走る。
小さな峠を越えると車は川を渡り家の庭にと入る。
 「あら~・・、あんた・・」「息子は何処・・」
「ええ~何で私じゃないの・・」「其処は会えたから、何処・・」
「海よ、免許取れたしと・・」「おう、良いぞじゃ今夜泊まろうかな」
「・・、・・」返事の代わり慌てて部屋に駆け込むと
整理をする早苗が居た。
「あんた、一人じゃ駄目じゃろうがね」「ええなんで・・」
「だって、もう早苗壊れちゃうが」「じゃしないでも良いぞ」
「いや~ん、バカ~」とんでもないねばっこい声をされる。
 翔馬は直ぐに風呂に入るとまるで主人の姿、ビ‐ルを飲みながら
育っている稲の姿を縁側から見ていた。
「え・、あ、あ~何と・・」見馴れた軽がもう突進で庭に入る。
「あんた~、もうなんで忘れんさったんかね」
「あはっ。圭子さん忘れるもんかね、何で来たん」
「電話が来てきんさいと呼ばれたが、ああ~早苗さん」
「持ってきんさったか・・」「うん、ワインじゃろう有るよ」
なんと二人で示し合わされていると思えた。
 台所で笑う声が聞こえる。
(そうか同じ穴の狢じゃね、良いぞこうなると此処で暴れちゃう、
何でもござれ、楽しくなりそうじゃが、早苗さん感謝だぞ)
一人で受けると最高、でも其れじゃ相手が満足しんさらんと思って、
先日早苗から圭子の家にと向かい白状しているのだ。
そんな事とは知らずに罠に入り込んだ翔馬だが、
こんな楽しい罠ならいくらでもと思って顔が緩んで来た。

                 つづく・・・・。





















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック