喜淫小説101弾≪ 弧獣一路・・24 ≫

 向かう道筋ではたと考えた、(これ事務所じゃこっちが弱いぞ・・)
そう考えると喫茶店に入り考える。
直ぐに携帯で電話して差配を願う、相手は大阪の弁護士さん、
既に聞いていると言われ、経緯を簡単に話す。
其処で弁護士さんから色々な指南を受けていた。
翔馬は一度ホテルにチェックイン、其処から四社の町金に電話した。
夕方揃いホテルのロビ-で会う。
挨拶を終えると直ぐに本題に入り、相手が山根睦子と聞かされると
顔色は変化、其処を見届けて、翔馬の弁舌は栄えた。
[如何、もう説明は要りません、此れを大阪の弁護士の長谷川さんに
託そうと思うのですが構いませんよね」
「・・、あんたは山根さんとどんな関係・・」
「親戚のものですがいけませんか」「え、良いけど、おい如何する」
「あのう席を外して頂けませんか、そう十分だけ」「良いでしょう」
翔馬は言われるまま席を離れる。
 十分後戻ると・・、「四人で話し合いました」「で・・」
「その件ですがそちらさんはどんな思いで・・」
「其処は言えないが、そちら次第という事で・・」
「ではこちらの判断でも良いと・・」「願う中身ならそうなりますが」
「では、僅かな金です、こちらは清算出来ますが・・」
「清算どうなります」「無かったことに・・」
「それだけですか其処は間違いでしょうが、このまま先ほど弁護士
に報告すると進めろと」「え、でも金は良いと申しているんです」
「では、其処は良いとして、山根さんの精神的苦痛は如何されます。
ご丁寧に写真まで取り、来ないと大変な事になるとメ-ルで・・」
「ええ~誰じゃ・・」「すまん、わしじゃが、こんな顔じゃろうが
脅してはいないがお前の写真を使った」
「お前は、もう其処までするか」「何処でも同じじゃろうがこうして他人
が入り込まれたんだぞ、何とか金で解決できんか」「・・、・・」
「では、もう一度席を外しましょうか」「済みません、お願いします」
またも席を外し広い窓から見える景色を眺めていた。
「あのう・・」呼ばれて席に戻る。
「四人で話し合い、結果・・」「どうなりました」
「一人百万で納めて頂けませんか・・」「僕一人の存念でいかんとも」
「其処をお願いします、弁護士に入られたらややこしくなります、
俺たちにも世間と家族が居りますし・・」
「ですよね、では僕の一存で良いのですね、無論許可なく録音は
していますけど・・」「・・、・・」
其れには反論が出て来なかった。
「じゃ其れで丸く収めて頂けないかと・・」
「でも写真を送られた方は一緒とは行かないと思いますが・・」
「ああ、じゃじゃ一束上積で何とか・・」
「全員小切手でお願いします、そうして此処に山根さん宛に書状が
在りますから署名して下さい、其れが済めばこちらは今後一切
何もない事とします]
 僅か一時間余りで決着で来た。
本当に人のつながりの有難い事は今回でつくずく思い知る。
大坂の抱き合う相手に電話して頼むのも気が引けたが、
こんな場合弁護士と言うものの効き目は半端ない、
高なる胸を押さえて大きく息をする。
 その夜は広島の流川に出て食事と遊びを満喫、屋台で親父を
相手に酒を酌み交わしていた。
話が旨い相手、本当に夜中までそこで過ごし酔ってホテルに戻ると
倒れ込んでしまう。
翌日は広島見物、何度も来ているが観光は出来ていない場所、
原爆記念館と宮島迄足を延ばし夕方帰路に就く。
家に戻るとまたも寝てしまう。
「これ・・」「あ・・、寝ていたんだ・・」「もう如何なった」
「え何時・・」「朝じゃが、大工が来るぞ」
「ああ、そうじゃが、行けんが妙子さん行こうか・・」
「何処、ああ睦子じゃな・・」二人で出かける。
「ま~・・」歓迎されて家に入る。
 一時間後、睦子は大泣き傍で呆れかえる妙子を尻目に泣かれた。
「なんとでかしたがね、おまけに上乗せか・・」
「だって許せんが、美人じゃろうが此れでも少ないと怒っているが」
「あはっ、そうか良いぞ翔馬は凄いぞ、此れで田畑の抵当も解ける
睦子」「おばちゃん、感謝です」「それは相手が違うじゃろう、翔馬に
いんさいや」「はい、もう嬉しくて、何でもしますけ・・」
「其処がいけんのじゃろうが、何でもするとじゃ翔馬に抱かれるか」
「望まれれば幾らでも・・」「阿保じゃ、遣れんが」
「だって救われたんですけ~」「始末に負えんが、翔馬・・」
「良いじゃないですか、では金渡しましたからね」また泣かれる。
 「翔馬、如何する」「何・・」「こいつ此の侭じゃ申し訳ないと・・」
「良いよ、でもこれからどうするん」「ここは出ないといけんと思う」
「出なくて済むようにしんさいや、あんたは危ない、美人だし」
「うふっ、こいつは好き物じゃ、このままじゃ体持て余すぞ」
「おばちゃん・・」「なんだ嘘か・・」「もう翔馬さんの前ですよ」
「そうじゃった、ではこれで良いのだな・・」「良過ぎて怖い」
「あのう祥子ちゃん如何されます」「あ、あの子も今鬱です」
「そうか衝撃が・・」「そうなんです、何もかもが・・」
「じゃ、大阪に出ませんか,当てが在りますけど」「ええ~何で・・」
「僕も見て可愛い綺麗な子です、このままここで埋もれても・・」
「では・・」「何とか電話して頼んでみます」「翔馬さん・・」
またまた大泣きされて、翔馬が弱り切る。
 家を出ると自分の家は工事中、妙子さんの家にと向かう。
「如何じゃあいつ転がせや」「え・・」「うふっ、そう願って今回
動いたんだろうが五百万は有難いぞ」「・・、・・」
「如何面倒を見んさい、此処で住むならそのほうが良いけのう」
そんな話をするが今じゃもう妙子さんと男女の中には
為れていなかった。
母が無くなると其処にはたどり着けないでいる二人、今じゃ母と
ダブル姿が見えるからか、互いに其処は足を踏み入れていない。
 事の経緯と頼んだ女性えの挨拶と桜井の家に報告を兼ねて
大阪に出向く。
歓迎され、婆が舞い戻りかと大笑いされる中、一応の出来事を
加奈子さんと由美子さんに話をする。
 「ま~じゃそんなに可愛い子なん」「写真見て下さい」
「・・、あらら、ま~良い子じゃないの、翔馬宛が有るん」
「なんとかできないかとそれで大阪に・・」「そう何方・・」
「女性で既に抱き合っているんですが、中々面白い方です」
「その方マスコミ・・」「アイドル関係の会社」
「ま~じゃ話を薦めたら如何」「それで・・」
「遣るわね、お母さんも綺麗なん・・」「そこはそうみたい」
「やるじゃないかね、わしが田舎に繰り込もうと考えていたがね」
「来てきて・・」由美子さんが笑われる。
「翔、聞いたかねあんたのお父さん女性には不自由しないね」
「加奈子さん・・」「うふっ、良いわよ其処は・・」そういわれる。
、 電話で駆け込まれる美代さん、可愛い子供を抱えて大騒ぎ、
翔も今じゃ少し歩ける、自分と同じような幼い男の子、
其処は仲良しだった。
其れも翔馬の子供,未だ有る加奈子のお腹には二人目が
仕込まれているのだ。
 夜は子供を寝かせた後はお決まりの抱き合いが始まった。
由美子は抱かれながら本当に幸せと感じる、其れも義理でもある
家の娘が連れて来た男、思えば可笑しいくらいの話だが、
今じゃ翔馬が中心で家も動いているのだった。

         つづく・・・・。






















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック