喜淫小説101弾≪ 弧獣一路・・26 ≫

 可笑しなもので互いが求め合う事には一定の方程式が存在する。
今回は其処に当て嵌まるかと危惧しているが、どうも其処は翔馬の
思い過ぎと見える。
ここに来て睦子は既に心は決まっている。
人に見せびらかす様な人間では無くなってる、汚れている体を誰が
求めるのかと自問自答して来ているのだ。
日かもこの家の主は、自分を泥沼から救って頂いた大事な恩が在る
男、だからこそ思いとは裏腹に、わが身をうとう。
金貸しの年寄りに弄ばれた肉は自分の体乍ら嫌悪すら感じている。
 だが、この家に来て思うに、もしも自分の体を求められたら、
恥ずかしいが汚れていると拒否はしないと駄目とは思っているが、
其処からは考えが無い、決して嫌じゃ無いが、そうなると汚れている
と叫びたい気持ちは有った。
 浴室で真新しい浴槽に湯気を立てて増える湯を見ながら、
睦子はどう動くのかを思案する。
我が身の体だけでは到底恩返しなど出来ない、今本当に悩みが
消えた自分、いいや娘との事も何もかもがスカッとした梅雨の合間の
青空に似て、心は晴れやかなのだが、此れから如何なるのかと一抹
の不安は有った。
子供じゃない、既に借りたお金の利子として身を投げ出している、
そんな体は惜しくもないが、此れを求められると相手に申し訳が無い
と其処だけは思いが消えてくれなかった。
 気が付くともう湯船にはお湯が満たされている、慌てて睦子は戸を
開けて用意出来ましたと言う。
返事が在り、如何するべきか思い悩んでいる中で、相手が脱衣場に
来られてしまう。
自分で脱がれる姿を見てて、慌てて傍によりなんと睦子の手が相手
が脱ぐ中で手助けを始める。
相手はそのまま動きを止められ、睦子の動きに任される。
 なんと思いのままに動ける、其れには相手の男に感謝したい、
今まで此処で悩んでいた事が嘘のように睦子は動けているのだ。
しかも下半身のパンツを下ろす時、目の前に飛び出す馬鹿でかい
代物を目に飛び込ませてしまった。
 流石にこれには驚愕、だが慄いてばかりじゃない、直ぐ我に返り、
震える声で「どうぞ」と一言告げて浴室にと促す。
相手は無言で浴槽に向かわれ、シャワ-を浴びられている。
其処まで一瞬間が在ったが、睦子は思う事と真裏、
既に体が動いて自分も浴室に向かっていた。
 シャワ-が降る注ぐ中で衣服を纏ったままで背中に
ボデイシャンプ-を掌でまんべんなく伸ばし擦った。
される男は無言で立たれ動きを止めると、睦子は肩から尻迄掌が
動いて行く、心とは別にだった。
降り注ぐシャワ-を浴びながら、睦子は男の前面に移動し、
胸板が熱い体にも手が動いて行う。
首筋から腋の間、腰回りと手が忙しく動き回る。
 なんと其処からも手は止められない止まらなかった。
普通より多くの泡を手に乗せると既に少し膨張をしているあのでかい
棒を睦子は躊躇うことなく両手で棒を丁寧に洗い始める。
 「睦子さん、無理はしないでね、僕は其処までは求めていないし、
此れからの事も考えると拙いと思うけど・・」「・・、・・」
だがその言葉には睦子は返事はおろか無視を決め込んでいる。
Tシャツが濡れて肌に絡みついてくる中で、睦子は棒の裏から奥にと
股座を撫でながら進んで行く。
「あのう股少し開いて頂けませんか・・」
相手は聞かれて素直にそうされる。
睦子は大胆にまた裏まで手が進んで丁寧に洗う掌が、
なんと驚くほど自然と思えた。
腿から膝、そうして足元に向かう。
足の指中も睦子の指が減り込んで扱いた。
 漸く終えると汗とシャワ-で睦子の肉体が総ての形を表現して
現れている。
 「・・、あっ・・」小さな悲鳴が睦子の口から出た。
其処には既に男の手が濡れて体にまつわりつく布をヒッパギ、
ズリベリリ-と音を微かに立てて破かれる。
無論ミニスカ-トも同じ、震える体をシャワ-に浴びさせ睦子は
動けなかった、ブラも小さなパンテイも気が付いた時は身から
離されている。
を 「え・・」動きが止まっているからシャワ-の中で目を開くと、
「なんと美しいが・・」相手の驚嘆な声を聴いた瞬間、
睦子の体がよれて相手の胸板に身を預けてしまった。
 その体を受け止めると睦子の顔が上向きになる。
其処で相手の唇が睦子の口を塞いでしまう。
こうなると言葉も色んな思いも要らなくなった。
キスをされされ返しつつ、睦子は思いもしないほど恍惚、何でとキス
をしながら思うが、此れは睦子の動きに証明される。
今まで自分からこんな場面に進んだ事が無い、逃げた夫にも然り、
あの思い出したくない広島での出来事にも自分から動きを始める
事は決してなかった。
だが、今は如何、何もかもが睦子から動いているのだ、
しかもこれほど相手を求めて居る事すら知らない、何処からこんな
動きが生じたのかと訝るが、其処は直ぐに判明、あのパンツを
下ろした瞬間でこんな風になるように自分で動いてしまっていたのだ。
 なんと気持ちが良い事か、わが身と心が求めるままに相手も応じて
くれ、こんな事は未だかって無い事、恥ずかしいが睦子は既にこの家
に来ると決め込んだ時からの瓜の奥深くにこんな動きが潜んでいると
思うしかない。
如何説明しようが其処だけは睦子に下心が在ったとしか思えない。
身を捩らせきついデ-い。プキスを受けつつ返し続けて居る二人。
此れから先の事は誰しもが判る行為、睦子は既に応戦する肉体が
整っている事に気付くと、がむしゃらにキスの応戦を開始し始めた。
 シャワ-を止めると濡れた美しい三十三歳の体は、軽々と相手に
抱え上げられ湯船にと二人は沈む。
最高、極上、こんなに思う様に進めるとは努々思っていない睦子、
涙が自然とあふれ出し、湯船の湯にと落ちた。
一度だけでも良い、こんな気持ちで相手に身を委ねる自分は今まで
無かったと其処だけは感動しつつ、何度も良かったと念じていた。

         つづく・・・・。


































ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック