喜淫小説101弾≪ 弧獣一路・・27 ≫

 狂った、無我夢中、歓喜の渦に巻き込まれる我が身、夢にもこんな事
は思えない、其れが現実かと疑うほど・・。
睦子は浴槽からの事は覚えていない総て夢のような世界、
これほどセックスが凄い事だったとは未だかって知らない判らなかった。
相手が挿入し、腰を突き上げられ悶えるまでは経験していたが、
なんと今回は愛撫から始めるともう意識が飛び続けた。
相手の動き総てが驚愕、歓喜を連れて動かれるから、受ける睦子は身
を捩り、嘘や~嘘嘘だ~と泣き叫ぶだけ、こんな声すら出した覚えが
無い身、喜悦の中で最高な我が身の舞い上がりは自分でも制御すら
出来ない、其れほど快楽の中で悶える我身が喜んでいる事に呆れる。
続いた、もう息すら出来ないほど迎える身は、何度も崇高な場所にと
舞い上がらせてくれる。
睦子は初めて肉欲の神髄を芯から浴びたと思えた。
 幾つも違う歓喜の渦に溺れ慌てふためく肉、そうして留めは凄まじい
痙攣の中で身悶え気絶、痙攣と共に気が朦朧となる中で、
女の幸せを噛み締めた。
 しこたま長い時間喘ぎ泣き叫んだ後・・、気付くと真新しいベット
の敷物が濡れている、其処は自分の失禁とは知らないのだ。
汗まみれの肉体を擦るが、何処もかしこも感度が良いのか自分の
手でもズクズクピクンピクンと身が反応する。
抱かれた後でこんなに体が喜悦極まりない喜びを未だ維持して居る
事にも驚かされた。
無論、馬鹿でかい物が挿入された瞬間は二度と忘れる事は無い、
あの入られる瞬間の驚きと叫び泣く悲鳴交じりの声は未だかって
出した覚えない、其れほど強烈驚愕驚嘆、本当に言い尽くせない
ほどの刺激を膣は受け止めていた。
愛や恋などの中ではこれほど乱れる事は無いだろうと思える程
反応し続けた我が身、今は最高なけだるさと喜悦が残る肉を
労り讃える様に自分の手が我が身をさまよう、其れほどの長い
余韻がセックスに有ったのかと、何から何までは夢の中と思える。
 「どうぞ・・」「・・、有難う・・」
ビールを差し出され、ゴクンゴクゴクと飲む。
「貴方・・、こんな体で済みませんでした」「え・・」
「だって、汚れている」「何処が汚れているんですか、綺麗ですけど」
「もう・・、知らない、早く知っていれば、睦子自分を憎みたい」
「とんでもない事、其れは大間違い、何で此処で僕が欲しいと思った
のかご存じないでしょうが・・」「え・・、でも相手の体求める
資格があると思えるし」「え~、勘違いです、僕は睦子さんがそんな
立場でなくても里に戻って、夜這い懸けていたな・・」
「ええ~嘘でしょう・・」「嘘言わないし、本当に憧れて居る事は
事実、でもきっかけはそうあるもんじゃないし、如何するかなと考え
ていた矢先に今回の事が・・」「嘘、睦子が困るからそう言いだされ
るんでしょう」「如何思っても良いけど、其処は今回とは別問題、
こうした姿に為りたいと前から思っていた、人の奥さんだったし、
でも今回戻る前まで、例え睦子さんが人妻でも何とか抱こうと考えて
いたでしょうね」「貴方、女泣かせね・・」
「泣かせますよもう一度も三度も・・」「ええ~・・」
本当に可愛い女性、此れならどんな男もイチコロだと思えた。
 「お願いが有るけど」「なあに・・」「僕の守してくれんかな」
「守ですか・・」「僕のアソコです」「・・、え~ま~彼方・・」
「駄目ですか・・」「守すれば良いのよね」「ええ・・」
「じゃじゃ、させて頂くけど、こんな私でも良いの・・」
「願っている」「じゃ、何とか守したいけど、とんでもない子ですから
守出来るかしら」「貴方なら素直に従うと思いますけど・・」
「あらら、じゃ勤めます」これで決まり。
「では、僕が暴れやすいようにするけど良いよね」「何か・・」
「待って・・」部屋を翔馬が出る。
(うふっ、守だなんてうまい事いんさる)笑いがこみ上げて来た。
 部屋に戻る翔馬を見て驚いた。
「なんですの其れ・・」「これで少し剪定をしたい」「剪定・・」
「うん、睦子さんのアソコの毛、僕の物が暴れると一緒に其処の毛が
膣に向かうし、其処で花弁が切れるかもしれないから・・」
「・・あ~じゃ、御免なさいね知らないから手入もそう」
「それが良い、手入されて居れば、でもそのままでよかった」
「何で・・」「だって僕が総て出来る事が溜らなく好き」
「ま~、じゃ・・」「此処に線香が在るから、其れで切っ先を焼く」
「え・・」「此れなら毛先が丸くなるから突いてもケガしない」
「うふっ、して頂こうかな、何でも従います」
「じゃ立っててね、下に新聞紙敷く」「・・、・・」
苦笑いするも何と素直に従う自分が可笑しかった。
立ったまま居る睦子、毛が焼けるにおいが鼻を突きだすと思わず
しゃがみ込む翔馬の肩にを添える。
 「往々~なんて様じゃ・・」「あら、おばさん・・」
「毛繕いか、考えたな翔馬」「ごめんな、こんな関係に為れたんだ」
「知っているけ、良かったな睦子」「凄いのよ、もうとんでもない人」
「あはっ、そうじゃろうて、で付き合うんかね」「私からお願いした」
「良い子じゃ、其れが良いぞ、でもな独り占めは出来んからね」
「判っている、其処は判るし、一人じゃ面倒は無理と、でも守して
欲しいといんさるけ・・」「守・・」「あそこの守」
「ええ~あはアッツ、言い方が良いけ~笑えるがね」
「妙子さん、静かに手が震えるけ・・」
「往々、済まん、何か作ろうかね」笑いながら部屋を出られた。
「もう何も恥ずかしくない、とんでもない人相手考える間が無い、
あんたに従うね」「其処は反対じゃ、睦子さんとは総て睦子さんが
思うように動きんさいや、僕が従う」「ええ~そんな・・」
「そのほうが良いじゃろう、都合が悪い時も有る、僕の意思じゃ迷惑
かける」「其れでも良い」「駄目じゃ、会いたい時きんさいや、其処に
別の女性が居りんさっても構わない」「ええ、拙いでしょうが」
呆れる顔で聞く。
「僕には里でもう一人居りんさる、仲良くして欲しいし・・」
「ま~、では・・、そっかじゃ睦子の我儘で良いんだよね」
「ええ、どんどんわがままで居て欲しい、ふ~良いかなこれで・・」
「マ~モジャモジャが無くなっている、く~そうか整理しとなかいと
行けんね」笑われた。
 妙子さんが来たので二人は衣服を着て居間に出た。
三人で宛を摘まみながらビ‐ルを飲み始める。
妙子と睦子は親戚関係、何でも言える仲、
翔馬を囲んで笑い声が途絶えなかった。

             つづく・・・・。






































ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック