テーマ:50代以上のblog

望愛小説103弾《獣が道を造る・・15》

 八月九日、裕太は忙しい、荷が満載で二日続けて広島に向かう、其れはお盆が来るからだが、毎年の事、年の暮れとお盆前はそうなる。従い帰りの荷物も多い、海鮮から雑貨を見回り大忙しで荷を積み込んでいる。八月十日の戻りは何とか可部の家で休むことが出来た。「ふ~お盆が来る頃は漸く朝晩が凌ぎ易いね」「言えるは、疲れる」「あんた、此処で休みんさいや縁側…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

望愛小説103弾《獣が道を造る・・14》

 色々有った七月も過ぎ早くも里はお盆前に為っていた。聡子さん達の仕事は順調、又それが少しづつ中身が変わる、其処は店もだが、裏に小屋が建てられ、其処で働く婦人が二人、仕事は総菜類を作られている。販売に出ると、多くの人が其れを望まれて居る事が判明、考えればお年寄りは煮物は出来るが、油関係は怖い、其処で中華や揚げ物はその小屋で作る事に為った。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

望愛小説103弾《獣道が道を造る・・13》

 いやはや、裕太を差し置いて女性二人は話しに花が咲く、初めての顔合わせだが、其処は里が近くの真弓は美代さんとの話が心良いのか笑顔だった。「じゃ、何かね、あんた八重のどこら当たりか」「ご存知ですのか・・」「ああ、沢山おりんさる学生時代からアソコには多く知り合いが有るよ」「・・」急に真弓の顔が曇る。「あんた、聞いていたが、後妻さんは本当かね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

望愛小説103弾《獣が道を造る・・12》

 七月二十二日、朝から裕太は大忙し、其れは真弓さんが車に乗れないと朝から報せが来た。慌てて、予備人が無い、裕太が代わりに車で向かう事となるが、いやはや初めての事、美津さんが怒る様に説明をされるが、聞く方の裕太はとんでもない難しさ、売るとその金額を携帯みたいな器具に打ち込まないといけない、其れは在庫調整にもなるから、それは三人が使いこなし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

望愛小説103弾《獣が道を造る・・11》

 七月十五日、遂に最初の車がス-パ-から出る。荷台には綺麗にデザインされたロゴと名前が【石見ファ-ム出張販売車】此れを機会に会社を設立、店は石見ミニス-パ-とし,石見物産、石見ファ-ム販売の三つに部署を作った。社名は石見ファ-ムで統一、社長は裕太が為り、部署は販売車は美津さん、物産は隆、店は多恵さんが代表者に為る。資本金は二千万円、定款…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

望愛小説103弾《獣が道を造る・・10》

 遂に梅雨に入った、裕太は相変わらずトラックを転がしている。其処は何時もと変わりが無いが、変わったのは縁が有り仕事をする予定の真弓さん、其れが何と婆の計らいで店にも顔を出されているのだ。婆の妹の多恵さんと娘の恵ちゃんが大喜び、此れから此処も忙しくなるからと婆ちゃんがそうされた。 処が真弓さんは会うたびに顔色が変化、其処を婆が見て喜んでい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

望愛小説103弾《獣が道を造る・・9》

 翌日裕太に召集が懸る、美津さんの家に来てくれと電話が来ていた。「上がりんさいや・・」裕太は招かれた身、上がり居間にと向かう。「え、ああ何とあんたが真弓さんか・・」「え、ご存知ですの・・」「いいや、昨日友から聞いたがね」「あらら、驚かそうと呼んだにね」美津さんがコ-ヒ-を出しながら笑われる。「そうだがね、えらい気落ちする」「聡子さん・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

望愛小説103弾《獣が道を造る・・6》

 美津さんの家に招かれて向かう。丁寧に広島での事でお礼を言われ、家に入る。コ-ヒ-を出され裕太は飲みながら話を聞いている。「先日は有難うございました、本当にお世話になり、済みませんでした」「え、序でしたしお礼は要らんけ・・」「そうは行かない、本当に感謝しているんです」もう良いからというが何度も頭を下げられる。 話はその事から始まる、既に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

望愛小説103弾《獣が道を造る・・5》

 六月に入るとここ等は暇、其処は田舎では癒される時期かもしれない、やがてうっとしい梅雨が来る前と思える。「うん・・」裕太の携帯に電話が来た。「はい・・」見知らぬ番号だった。「あのう田中裕太さんの携帯・・」「はいそうですが・・」「私二つ谷を越えた所の美津ですが・・」「美津さん・・」「ご存じないかも、でも電話した」「はい、其れは良いですが何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

異淫小説102弾《獣を潜ませ生きる・・53》

 二月四日、節分のバカ騒ぎを樟葉の家でし、少し疲れた体で沙織さんを乗せた車が樟葉を離れた。「あんた・・」「うん、御免な・・」「ううん、夕べ玲奈と寝てて話したんよ、其れで娘の考えも聞かされた、沙織は何か考え違いしていた」「何で・・」「だってどうせ体を求めるだろうと其れは覚悟していた」「「で・・」「ええ、でって、あのね私は女よ、どうせ里じゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more