テーマ:

望愛小説103弾《獣が道を造る・・15》

 八月九日、裕太は忙しい、荷が満載で二日続けて広島に向かう、其れはお盆が来るからだが、毎年の事、年の暮れとお盆前はそうなる。従い帰りの荷物も多い、海鮮から雑貨を見回り大忙しで荷を積み込んでいる。八月十日の戻りは何とか可部の家で休むことが出来た。「ふ~お盆が来る頃は漸く朝晩が凌ぎ易いね」「言えるは、疲れる」「あんた、此処で休みんさいや縁側…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

望愛小説103弾《獣が道を造る・・14》

 色々有った七月も過ぎ早くも里はお盆前に為っていた。聡子さん達の仕事は順調、又それが少しづつ中身が変わる、其処は店もだが、裏に小屋が建てられ、其処で働く婦人が二人、仕事は総菜類を作られている。販売に出ると、多くの人が其れを望まれて居る事が判明、考えればお年寄りは煮物は出来るが、油関係は怖い、其処で中華や揚げ物はその小屋で作る事に為った。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

望愛小説103弾《獣道が道を造る・・13》

 いやはや、裕太を差し置いて女性二人は話しに花が咲く、初めての顔合わせだが、其処は里が近くの真弓は美代さんとの話が心良いのか笑顔だった。「じゃ、何かね、あんた八重のどこら当たりか」「ご存知ですのか・・」「ああ、沢山おりんさる学生時代からアソコには多く知り合いが有るよ」「・・」急に真弓の顔が曇る。「あんた、聞いていたが、後妻さんは本当かね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

望愛小説103弾《獣が道を造る・・12》

 七月二十二日、朝から裕太は大忙し、其れは真弓さんが車に乗れないと朝から報せが来た。慌てて、予備人が無い、裕太が代わりに車で向かう事となるが、いやはや初めての事、美津さんが怒る様に説明をされるが、聞く方の裕太はとんでもない難しさ、売るとその金額を携帯みたいな器具に打ち込まないといけない、其れは在庫調整にもなるから、それは三人が使いこなし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

望愛小説103弾《獣が道を造る・・11》

 七月十五日、遂に最初の車がス-パ-から出る。荷台には綺麗にデザインされたロゴと名前が【石見ファ-ム出張販売車】此れを機会に会社を設立、店は石見ミニス-パ-とし,石見物産、石見ファ-ム販売の三つに部署を作った。社名は石見ファ-ムで統一、社長は裕太が為り、部署は販売車は美津さん、物産は隆、店は多恵さんが代表者に為る。資本金は二千万円、定款…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

望愛小説103弾《獣が道を造る・・10》

 遂に梅雨に入った、裕太は相変わらずトラックを転がしている。其処は何時もと変わりが無いが、変わったのは縁が有り仕事をする予定の真弓さん、其れが何と婆の計らいで店にも顔を出されているのだ。婆の妹の多恵さんと娘の恵ちゃんが大喜び、此れから此処も忙しくなるからと婆ちゃんがそうされた。 処が真弓さんは会うたびに顔色が変化、其処を婆が見て喜んでい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

望愛小説103弾《獣が道を造る・・9》

 翌日裕太に召集が懸る、美津さんの家に来てくれと電話が来ていた。「上がりんさいや・・」裕太は招かれた身、上がり居間にと向かう。「え、ああ何とあんたが真弓さんか・・」「え、ご存知ですの・・」「いいや、昨日友から聞いたがね」「あらら、驚かそうと呼んだにね」美津さんがコ-ヒ-を出しながら笑われる。「そうだがね、えらい気落ちする」「聡子さん・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

望愛小説103弾《獣が道を造る・・8》

 「今日は・・」「は~い・・、ま~あんた、上がりんさいや」裕太が来ているところはあのトラックのパンクで知り合う家。「もう梅雨かね・・」「やがてはそうなる、空もどんよりしているしね」美代は毎週一度は着てくれる男に為る。月曜か木曜日はそんな気持ちで待って居るのだ。「今日は此れ・・」「アララ、バ-ムク-ヘンじゃね、有難う」他愛無い土産だがもら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

望愛小説103弾《獣が道を造る・・7》

 裕太がその家を出る時は既に夕方、飯でもと言われるが、其処は丁重に断り車で出る。(く~何と会えたが、変わらんぞ・・)ハンドルを握る手に力が入る。車は家には向かわず、冠山の麓に向かっていた。慣れた家なのか車は庭に入ると、玄関にと向かう。「あ、あんた・・」迎える女性が微笑んでいる。 此処は裕太が通える家、しかも住む女性は四十過ぎの女性だった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

望愛小説103弾《獣が道を造る・・6》

 美津さんの家に招かれて向かう。丁寧に広島での事でお礼を言われ、家に入る。コ-ヒ-を出され裕太は飲みながら話を聞いている。「先日は有難うございました、本当にお世話になり、済みませんでした」「え、序でしたしお礼は要らんけ・・」「そうは行かない、本当に感謝しているんです」もう良いからというが何度も頭を下げられる。 話はその事から始まる、既に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

望愛小説103弾《獣が道を造る・・5》

 六月に入るとここ等は暇、其処は田舎では癒される時期かもしれない、やがてうっとしい梅雨が来る前と思える。「うん・・」裕太の携帯に電話が来た。「はい・・」見知らぬ番号だった。「あのう田中裕太さんの携帯・・」「はいそうですが・・」「私二つ谷を越えた所の美津ですが・・」「美津さん・・」「ご存じないかも、でも電話した」「はい、其れは良いですが何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

望愛小説103弾《獣が道を造る・・4》

 広島の市場を出てから此処に着た裕太、其処では美代さんと言われる人と一時間以上話をしている。美味しいコ-ヒ-を飲みながら、今話をしている中身は里の婆ちゃんの事、既に其処に話が行くまでには、裕太の立つ位置が美代には判って来ていたのだ。「ま~、じゃじゃあんたはお婆様の誘導で・・、なんと凄い人じゃがね」「うん、郷では一目置かれているよ」「だろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

望愛小説103弾《獣が道を造る・・3》

 裕太が今話をする相手、婆ちゃんにそそのかされて今が有る。高校の途中で車の免許を取らされ、挙句に二年がかりで牽引や大型車迄取る。其処には二人での話し合いの末の事だが、今仕事が出来るも総て婆ちゃんと相談しての事だった。 以外にも色々と裕太はして来た、郷で生きるには何が必要かを嫌程聞かされて来た。六年前、裕太が大型免許を取ると、直ぐに裕太の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

望愛小説103弾《獣が道を造る・・2》

 裕太は幸か不幸かタイヤのパンクで其れを変える中、話好きなのだろう空き地の隣の家のおばさんに捕まっている。 ニ十分で交換は終える。「あんた生活品て何・・」「え、色々ですが・・」「じゃテッシュ有るん」「え、あある積んでいるが」「じゃ買う」「ええ・・」「ねね、買い物遠くで困っていたんだがね、買わさせて・・」「え、良いですけど・・」なんと無茶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

望愛小説103弾《獣が道を造る・・初回》

 平成二十二年、三月十五日、田中裕太は何時ものトラックを運転していた。此処は日本では有るが忘れ去られた地、過疎地と言われて久しいが、其処も今じゃ破壊地と名が変わるほど酷い。中国地方の山奥、其処は世間とはかけ離れた地だが、どっこいまだ多少だが人が生きている。 其れは大事な子供を産んで育てて、後に子は羽ばたいて都会にと向かうのだ。だから此処…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年のご挨拶・・。

 昨年中は色々とお世話になりました。本年もどうか宜しくお願い致します。投稿させて頂いてから早くも十三年目を迎えます。今までつたない小説擬きを投稿し、長い間ご愛顧を賜り此処でお礼を申し上げます。 正月を挟み投稿はお休み頂いていますが、一月中頃からまた始めたいと思っております。 其れまではお暇なら今まで投稿している小説擬きを見ていてください…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

異淫小説102弾《獣を潜ませ生きる・・終節》

 翔太は有馬温泉で二日滞在する、母屋の婆様は中々の人物、女将さんから聞きだされたことをよく覚えて居られる。「そうか、じゃあんた了解済じゃね、でも見事に女将さんを手なずけさったね」「え、其処反対ですよ」「反対か何で・・」「いえね、事の始まりから終わりまで女将さんに導かれたんです」「意味がよう判らんが、話してくれんね」其処から此処は暇だしと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

異淫小説102弾《獣を潜ませ生きる・・72》

 翔太の身は忙しくなる、あの郁子さんの従妹の早苗さんは何と早くも翔太に身を授け、根性の最期かと思うほど泣きわめきされ続け、郁子~凄いが~と翔太を迎え何度となく知らぬ世界にと上り詰められる。あらけ無い程のでかさのアソコは早苗一人じゃ持たないが、其処は今生を込める相手、とことん肉内で暴れさせてくれた。 此れが人かと思うほどの変わりよう、其処…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

異淫小説102弾《獣を潜ませ生きる・・71》

 田舎は何かと噂が飛び交う、既に此処での事は誰もが知る事となっていた。翔太が年寄りのためにと仕事を拵えんさったぞと話が広がり、雪解けとともにその話題は益々広がって来た。 そんな中で、雅美は素早く動いて行く、郁子を呼びつけ、其処で翔太を奥の家にと向かわせ、郁子が訪問していた。「聞いたけ、あんたの為なら、どんな事もしちゃるけ~」「聞いたのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

異淫小説102弾《獣を潜ませ生きる・・70》

 賑やかな部屋も午後十一時に為ると皆が帰り静かになった。残るのは幸子さんと雅美さん、其れに沙織さんだった。「賑やかじゃったな」「真凄かったけけ~、此れも今回の事業の御陰ですね」「そうさ、此れから此処は賑やかになろう、そんでも誰もが賛成とは限らんぞ、此処は反対や、此れにやきもちやきんさる連中が居ろうが」「ああ、そう言えば、佐々木の爺様が、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

異淫小説102弾《獣を潜ませ生きる・・69》

 翔太は松本社長とその娘珠美さんが本腰を入れて頂いている姿に、此処はもうこのまま動いて行ってくれると感じる。特に美樹ちゃんが翔太の心根を聞いて、本気になってくれた姿に安堵する。日毎に人が集まり増えて来た。ここ数日の間に、哲夫さんと上田親子の尽力で、此処で動かれる人が固まりつつあった。 やがてここも雪解けと同時に、皆が此処を作ってくれると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

異淫小説102弾《獣を潜ませ生きる・・68》

 またまた、翔太は宿の中での騒々しさに起こされる。「貴方、お客様が・・」「誰・・」「私たちが訪問した造園の会社」「うひゃ~、なんと来られているのか、大変だ起きる」慌てて支度をし居間にと出る。挨拶を交わす相手は伯備の造園会社の人と娘さんだった。未だ起きて間もないが、翔太はコ-ヒ-を飲みながら昨日の事を相手から聞かされている。松本造園という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

異淫小説102弾《獣を潜ませ生きる・・67》

 流石に翔太は疲れていた、目が覚める頃は昼前、だが傍に寝ていた親子の姿は見えない。顔を洗いに部屋を出ると、「お早う御座います」「おはよう、何で揃って」「顔を洗んさいやご飯出来ているし」「はいはい・・」「ま~・・」囲炉裏傍にはあの上田の親子が見えた。 急いで顔を洗うと囲炉裏に向かう。「何で何か有ったん」「大有よ昨夜話してくれた事、電話した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

異淫小説102弾《獣を潜ませ生きる・・66》

 飽くなき欲望と挑戦は今まさに翔太に当て嵌まる。互いに抱合う時間が遅い時間帯、宿の外は暗闇に包まれ音一つ聞こえない場所、だが宿の中の部屋では今夜から獣の親子に成り下がり、向かい来る狂喜を懇親な気持ちと力で迎える。未曽有の仕打ちと其処で生まれる喜悦の総てが、親子は未だに知らなかった体に植え付けて行く。 母親の里美は、其れは其れは猪狩上げる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

異淫小説102弾《獣を潜ませ生きる・・65》

 互いに今は最高な時間だろう、翔太は感慨無量だ、其処にはこれまでの経緯が重なる。 思えば期間は短かったが、思いは日毎膨れ上がって来ていた。此処の出来事総てが、翔太の願望が隠されている。今まで大阪に出てからの事は成り行きが主、枚方の樟葉の小百合さんも然りだが、其処は仕事の関係上関りが出来た。そうしてこの落合の家も車の故障で相手と繋がりが出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

異淫小説102弾《獣を潜ませ生きる・・64》

 真冬の大浴場はまるで雲の中状態、立ち込める湯煙は外の世界との遮断、此処だけが存在する人間の垢落しの現場だ。軽く体を洗おうと洗い場の椅子に座る。「貴方、其処は待ってよ、美樹来なさい」「うん・・」親子で洗い場に来られる。「・・、なんとなんと、おいおい、大変だぞ」「何がです」「親子のその姿凄いぞ」「貴方・・」「まてや、この湯煙の中で見る姿は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

異淫小説102弾《獣を潜ませ生きる・・63》

 獣は獣でも人間、何でも其処は少しは弁えが要る。だが、翔太には其処までは考えは無いみたい、其処で周りの雌ボスが必要。其処は何と考える間でも無い、居るのだ、郷では大年増の幸子さん、其れに新しく加わる雅美さん。思えば如何してそううまく出来たのか不思議だが、翔太は又も其処は考えてはいない、だから雌たちは自由に動いて、ボスの獣を囲んで行く。「ふ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

異淫小説102弾《獣を潜ませ生きる・・62》

 いやはや反応も凄いし、往き様は二人ともまるで違っている。郁子はいがり泣き叫んで往くがマタダ~と泣き叫ぶ中往かれた。雅美さんは歯を食いしばりギリギギッと為らせて筋肉が硬直する中、上の翔太と共に腰を浮かせて震え落ちる。判り易い二人の往き様は見事過ぎた。方や三十四歳、片方は四十歳、どちらも見ごたえのある体だが受け身は郁子の方が勝る、だが往き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

異淫小説102弾《獣を潜ませ生きる・・61》

 中々の女性、同じ町内だが、聞くとここからニ十分は懸る距離、しかも部落でも五軒しかないと嘆かれた。家族の中身は教えてはくれないが想像は付く、年は三十四歳と聞かされた。「もうお酒は後で良いじゃない」「おう、そうだね、じゃお風呂入るか」「あんたは・・」「一緒じゃ駄目か恥ずかしいんか・・」「阿保くさ、この年でおぼこでもあるまいし、一緒がええに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

異淫小説102弾《獣を潜ませ生きる・・60》

二月末、翔太は里で初めてのんびりと出来た。数日前に四人の若者と爺様一人が揃い、此処を出た。其れはまるで修学旅行並みの見送り、懐かしい友の親が顔を出されて翔太に頼むと念を押される。仲間が群馬県に向かった後、翔太は何か気が抜け、暫し動けない自分が居た。「あんた・・」「うん、何・・」「何かする事無いん・・」「ないない、あると言えば凄い女性を抱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more